2018年11月13日 (火)

トランジスタ技術12月号の特集は「作り放題!1ドル基板電子工作DVD」:基板に関するいろんな記事が満載

 トランジスタ技術 2018年 12 月号の特集は、「「作り放題!1ドル基板電子工作DVD」。基板というと、フリーの基板CADソフトが収録されたDVDが付録について、使い方の記事が載っているというのが定番だが、本号は少し違う。
 たとえば、リバース・エンジニアリングの手段の1つとして、基板から回路図を描き起こすやり方のノウハウ、実体顕微鏡・卓上リフロといった個人では手の届かなかった機材の廉価版を実際に使ってみたレポートなどが掲載されている。
 基板のアートワーク設計だけでなく、基板作成・部品実装・部品手配といった、設計から実際に実装基板を入手するまでのネット活用方法なども参考になる。
 さらに、DVDの中には、ソフトウエア以外に、いろいろな動画が格納されていて、実際のCADの操作以外にも、基板のリワークの方法など、百聞は一見にしかずの動画が入っていて、これも参考になるだろう。
 特集以外で面白かったのは、ダイレクト・サンプリング鉱石 SDR 。USBケーブルの電源経由での昔なつかしい電灯線アンテナを使って、FPGAのA/D変換でAM放送をダイレクト・サンプリングし、SDRを作ってみましたという記事。発想がユニークで楽しめる。

2018年11月10日 (土)

ベネチアの高潮:スーツケースをかついで歩いている

 ギャラリー:悪天候による高潮が襲ったベネチア 写真11点を見て、高潮のすごさに驚いた。海外旅行右往左往でも書いたが、今年の6月にベネチアへ行ったので、この写真を見て、あそこがこんなことに、と実感できる。
 旅行中にこんなことが起きたら、どうしようもない。

2018年11月 6日 (火)

家庭用のIoT:まだクラウドファンディングなんだねえ

 IoTという言葉自体は、もう完全に普及してしまった。しかし、その実態は、まだまだだ。
 ASCII.jp:簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」を見て思ったのは2つ。
 意外に、いいデザインだ、ということ。やはり家に設置するにはデザインは重要だ。もう1つは、製品化にあたり、クラウドファンディングを使っていること。結局、いきなり量産というわけにはいかない=実態はまだまだ、ということである。

2018年11月 5日 (月)

脳を裏切る立体:日経サイエンス8月号

 日経サイエンス2018年08月号のこの記事は、本当にびっくりした。本当にそんな風に見えるのという、びっくりの内容だからだ。さすがに、文章では伝えきらないので、【錯視アート】方程式が導き出す魔法の立体。数学の道はモノづくりへと続く:朝日新聞デジタルを見て欲しい。本当にこんな錯視があるのだろうか、という内容である。
 この現象は、どうして起きるのか、ということから、次の2つが大きな疑問として提示される。
 この錯視は、脳が直角の認識を優先することから起きるらしいことから、脳がなぜ直角を好むか、という疑問が提示される。そして、それは、生まれながらの性質なのか、それとも成長の過程で獲得した性質か、という疑問につながる。
 もう一つの疑問は、立体の本当の形を知った後でも、知覚を修正できず、特定の視点から立体を眺めると再び錯視が起こるのはなぜか、ということだ。つまり、脳が事実を知った後でも、それを修正する機能を持たないのはなぜなのだろう、ということだ。
 視覚というのは、人間にとって、重要な知覚である。それを解明するのに、こういう研究は、本当に重要なのだろうと思う。錯視の研究などというと、たぶん、事業仕分けをもう一度やると真っ先にカットされる研究だろうけど、こういう研究こそ大学で続けてほしいと思う。

2018年11月 4日 (日)

IBMがRed Hatを買収

 正真正銘のNo.1オープンソース企業へ ―IBMがRed Hatを340億ドルで買収は、本当はびっくりする内容である。でも、少し前の、マイクロソフトがGitHubを買収したニュースの後だから、そうびっくりはしない。今やIT企業が、オープンソース関連企業を買収するのは、時代の流れだろうからだ。組み込みの世界でも、いろんなことが起きるだろうなあと思う。

2018年11月 2日 (金)

オン/オフボタン付きUSBケーブル

 Raspberry Piプロジェクトを開始する前に知っておくべき10の事柄という記事があった。ほとんどは、知っていたことだったが、「4:インラインのオン/オフボタン付きUSBケーブルを入手または作成しよう」という項目の、オン/オフボタン付きUSBケーブルというのがあることを知らなかった。
 電源のオン/オフのために、USBケーブルの抜き差しをするのは面倒だし、ボードを傷める可能性も小さくなる。こんど、買ってみようと思った。

2018年11月 1日 (木)

高校の数学で行列を教えないのか・・・

 行列すら教えない高校数学に日本の技術軽視の一端を見たを読んで、今の高校生は、数学で行列を教えてもらえないのだ、ということを初めて知った。
 まあ、私も、高校生の時に、行列を習ったのだが、その時点では、あまり理解できなかった。ベクトルや微積分は、物理と関係が深いので、高校生でも、その重要性が理解できる。なので、勉強もするので、高校時代に、それなりに理解できた。
 さて、行列となるとどうなんだろう。大学時代は、工学部だったので、さすがに勉強せざるを得なかったのだが、その時に思ったのは、高校時代に習った行列というのは、単に計算方法を教えてくれただけだった、ということである。大学で理解した内容と、高校時代に習った内容とのギャップが大きかったことは確かだ。

2018年10月31日 (水)

TLS1.3の長所がよくわかる解説

 TLS1.3が正式にリリースされ、オープンソースでの実装も存在するという実情を考えると、今後の機器開発でTLS1.3対応は必須になってくるだろう、という話は前にも書いた。通信セキュリティの分野は、技術的に難しいので、通信を応用する立場の技術者が、その全貌をすべて理解するのは難しい。といって、何も知らずに使う訳にもいかない。
 組み込み技術者向けTLS1.3基礎解説(後編):IoTでTLS1.3を活用すべき3つの理由 (1/3) - MONOist(モノイスト)は、そういう応用技術者にとって、TLS1.3を理解するのに、最適な記事ではないだろうか。暗号方式も、長くデファクトだったAESから他の方式へ変わる可能性など、実装するにあたって知っておくべき内容が、簡潔に解説されていて、非常に参考になった。

2018年10月30日 (火)

Mongoose OSをNUCLEO-F746ZGで試そうと思ったら実はサポートしていなかった

 アマゾンよりも面白い?「Mongoose OS」がIoT開発のハードルを下げる (1/3) - MONOist(モノイスト)を読んで、Mongoose OSが面白そうだとサイトを見てみた。すると、Mongoose OS Documentationにサポート基板として、STM32 NUCLEO-F746ZGとある。たまたま、そのボードを持っていたので、試そうと思ったらうまくいかない。mos flash stm32 というコマンドを入力しても、GitHubにファイルがないというErrorが出るのだ。
 そこで、直接GitHubを見に行くと、そこに、対象ファイルはなく、対象ボードもなかった。残念。時間の無駄であった。

2018年10月29日 (月)

AIは結局データからの最適化しかできないー価値観をAIに付与する手段がないと、いろんな弊害が起こりそうだ

 MIT Tech Review: 「女子大卒は減点」アマゾンのAI採用、男性優遇判明で廃止には、AIというものの現時点での限界を明らかにするものだろう。
 現状のデータから最適化すると、「女子大卒は減点」ということになる。これは、現時点での採用の実態を素直に表したものだろう。
 結局、AIは、現時点でのデータから最適なものを判断するということしかできない。男女差別をするな、というような価値観を反映させることは無理だ。AIが新しいものを生み出すのは、囲碁などの価値が定式化(一定のルールで勝つ)できる分野でしかない。人間に関わることを、AIに託して、変に得点をつけるようなシステムにすると、弱者切り捨てのようなことになりかねない。

«RSコンポーネンツが年内送料無料

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ