« 私のPC環境 | トップページ | windows live »

2010年12月12日 (日)

日本語入力:IME2010

 PCで生産性に大きくかかわるのは、Officeソフトではなく、実は日本語入力環境だろう。

 いかに適切な変換をしてくれるかが大きく生産性にかかわる。

 とはいえ、IMEはWindowsを買うとただでついてくるものであるから、あまり注意を払わずに、愚かな変換でもこんなものか思って使ってきた。

 しかし、Windwos-XP SP3以降のOSには、IME2010がインストールできるということを知って、早速インストールしてみた。

 実感できるくらいよくなっているという感触である。日本語入力環境の重要性を実感している。特に予測変換がうまく働いている。予測変換は、携帯電話の日本語入力ではあたり前の機能であったが、PCでも使えるとやはり便利だ。

 こうなると欲が出てくるのもで、ネットで調べるとATOKの方がIMEよりもいいらしい。IMEと違い有料なのがいたいが元一太郎ユーザーとしては、検討に値すると思っている。ATOK2011が2011年2月出荷らしいので、2011年版から乗り換えることも検討したい。

« 私のPC環境 | トップページ | windows live »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語入力:IME2010:

« 私のPC環境 | トップページ | windows live »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ