« 単身赴任者の買い物事情(その3):PBとNB | トップページ | 「餃子の王将」が作る「王将の餃子」 »

2010年12月24日 (金)

新幹線でPCを使うときは揺れが最も重要

 新幹線でネットへ接続するときには、700系新幹線で無線LANを使うか、携帯電話網を使うかしか手段がない。携帯電話網の最大の敵はトンネルであった(過去形なのは改善されてきているから)。
 かつて山根一真が、新幹線のどのあたりにトンネルがあるかということがわかる資料を作っていた。新幹線に乗ってから、何分くらいで、どの程度の時間トンネルに出会うかがわかるという工夫をした資料である。
 今や、車内LANサービスが始まったので、基本的にトンネルでもネットが切れることはなくなった。しかし、今でも大敵なものがもう一つある。揺れ、である。
 キーボードを使おうと小さなk画面を見ていると、揺れのせいで酔ってくる。
 新幹線の2時間半を全てPCと過ごす気はないので、あまり揺れない1時間が、どのあたりで確保できるかが知りたい。つまりトンネル資料の揺れ版である。今や、振動センサ付のモバイル機器はたくさんあるので、揺れを自動計測することは簡単にできるはずである。誰か作って公開してくれないものだろうか?

« 単身赴任者の買い物事情(その3):PBとNB | トップページ | 「餃子の王将」が作る「王将の餃子」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線でPCを使うときは揺れが最も重要:

« 単身赴任者の買い物事情(その3):PBとNB | トップページ | 「餃子の王将」が作る「王将の餃子」 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ