« 新幹線でPCを使うときは揺れが最も重要 | トップページ | OneNote2010とSkyDriveの同期 »

2010年12月25日 (土)

「餃子の王将」が作る「王将の餃子」

 単身赴任先の大阪から自宅の千葉への移動は大抵が週末の夕方になる。この時、夕食をどうするかがちょっとした悩みどころである。
 新幹線の中で弁当というのが、帰る時間の短縮になるので効率がいい。しかし、いつもいつも弁当では飽きてくる。新大阪のコンビニでは弁当を温めてくれるがあまり種類もない。弁当売り場の弁当は種類が多いのだがなぜか温めてくれない。冬場などは、冷たい弁当を食べるのはいやになる。
 そこで、冬場は食事をしてから新幹線に乗ることが多い。少し余分に時間がかかるが、食事は大切だからだ。といっても、行くのは大抵が「王将の餃子」だ。餃子だけを3人前食べる。30分以内に10人前食べたら無料というシステムがあったころの王将は、餃子専門店であった。そのころから王将通いをしている私にとって、王将で餃子だけ食べるのは当たり前だ。
 なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか? という本がある。アマゾンの書評では、ビジネス書としてとらえている書評が多い。もちろんこの本は、そう扱うのが本命であろう。しかし、大阪で育ち、近くに王将のない東京で仕事をしてきた人間にとって、王将は大阪の味である。たこ焼きとかお好み焼きは、店の名前が強調されることはあまりない。しかし、王将の餃子は、一般名詞の「餃子」ではなく「王将の餃子」である。なぜそうなのかがよくわかる本である。しかも、ブラックマヨネーズが王将のポイントをついた話を載せている。そういう意味では、王将ファンのための本ととらえることもできる。

« 新幹線でPCを使うときは揺れが最も重要 | トップページ | OneNote2010とSkyDriveの同期 »

単身赴任」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/50396318

この記事へのトラックバック一覧です: 「餃子の王将」が作る「王将の餃子」:

« 新幹線でPCを使うときは揺れが最も重要 | トップページ | OneNote2010とSkyDriveの同期 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ