« 羽田の新滑走路 | トップページ | 時代とプライバシー:パソコン通信時代の個人プロファイル »

2011年1月30日 (日)

電子書籍に関する現時点での感想

 各社から電子書籍が一斉に発売されている。私もSonyのRederを買ったことは前にも書いた
 年末に購入して現時点で電子書籍で買った書籍は2冊である。その間に、20冊以上の本を紙の本で読んでいる。最大の理由は、購入できる本が少なすぎることである。
 遅ればせながら電子書籍の衝撃という本を読んだ。この本は、Amazonのカスタマーレビューでも評価がかなり分かれる本である。私自身は、プラットフォーム化に関する分は興味深く読めた。自分で電子書籍出版するときに、自分でISBNコードを取得する方法など、全く知らないことも多く記載されている。
 ただ、この本でもカスタマーレビューでもあまり指摘されていないが、電子書籍は、「本とは情報である」ということを前提にしている。大勢の本好きが指摘していることであるが、本とは情報だけではない。
 本との付き合いの長い本好きにとっては、なかなか電子書籍で読む気にならないことも多いであろう。本をばらばらにしてスキャンする自炊という行為をできる人とできない人とがいると思う。前者は電子書籍歓迎派だろう。私自身は、雑誌は自炊しているが、単行本は無理だ。
 まあ、こんなことを言っているのは、いつまでもLPレコードを始末できない音楽愛好家と同じことで、いづれ時代遅れになるのかもしれないが。

« 羽田の新滑走路 | トップページ | 時代とプライバシー:パソコン通信時代の個人プロファイル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍に関する現時点での感想:

« 羽田の新滑走路 | トップページ | 時代とプライバシー:パソコン通信時代の個人プロファイル »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ