« 現場がなぜ力を失うのか:ドレイファスモデルから | トップページ | 体調が悪いときの移動 »

2011年1月 4日 (火)

東京・大阪の移動

 5日から仕事なので、4日に自宅の千葉から大阪の単身赴任先へ移動。今回は久しぶりに飛行機で移動にした。東京・大阪間の移動を新幹線にするか、飛行機にするかは意外に悩ましい選択になる。時間的に言えばあまり大差はない。出発地点と目的地点によって変わる。一般的には、品川駅ができたので新幹線のほうが便利というところであろう。しかし、出張の多い人の意見では、意外に飛行機の評判がいい。みんなが異口同音に言うのは疲れが違うということだ。
 私もこれに同意で、新幹線の2時間半は疲れる。といっても伊丹空港は夜間の発着が制限されているせいで少し遅くなると使えない、という大きな欠陥がある。ケースバイケースでの使い分けが必要だ。

« 現場がなぜ力を失うのか:ドレイファスモデルから | トップページ | 体調が悪いときの移動 »

単身赴任」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

そうですか、東京⇒大阪で飛行機は考えたことがなかったですね。
意外と多いのですか。bullettrainorairplane

東京-大阪は、なかなか微妙な距離です。私の周辺でも、新幹線派と飛行機派に分かれますが、8割くらいは新幹線派です。特割とかの割引を使うと、新幹線よりも安いことがあったり、マイレージが貯まったりということもあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/50489815

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・大阪の移動:

« 現場がなぜ力を失うのか:ドレイファスモデルから | トップページ | 体調が悪いときの移動 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ