« 信頼性と安全性:ISO26262 | トップページ | カップヌードルをぶっとばせ!:日清のブランド・マネージャ制度 »

2011年1月23日 (日)

単身赴任の光熱費

 単身アパートに12月中旬から1か月分の電気代の請求がきた。5000円を超えていた。春とか秋とかは2000円くらいである。つまり約3000円が暖房費ということだ。
 部屋が狭いのでエアコンで十分温まるはずなのだがアパート備え付けのエアコンが安物なのでこれだけでは十分でなく、電気ストーブを追加で使っている。冷房性能はそんなに悪くない。暖房性能は値段で変わるというのは本当だと実感している。
 この電気代は単身赴任だからこそかかる、全く余分の経費だ。自宅でも家族がエアコンを使っているはずで、そちらの電気代は1人増えても変わらないからだ。
 ということで、光熱費の請求が来る都度、単身赴任の理不尽さを実感している。今年は寒いので余計に消費量が増えているのだろうけど。

« 信頼性と安全性:ISO26262 | トップページ | カップヌードルをぶっとばせ!:日清のブランド・マネージャ制度 »

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単身赴任の光熱費:

« 信頼性と安全性:ISO26262 | トップページ | カップヌードルをぶっとばせ!:日清のブランド・マネージャ制度 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ