« 体調が悪いときの移動 | トップページ | トランジスタ技術の増刊号 »

2011年1月 6日 (木)

荒天時の東京・大阪移動

 東京・大阪の移動で新幹線か飛行機かという話を続ける。

 荒天時には飛行機がおすすめである。新幹線は車内に閉じ込められて動けないことがあるが、飛行機ではそれはないからである。
 新幹線は意外によく止まる。特に大雨に弱い。私は幸い1時間程度の経験しかないが、会社の同僚で何時間も閉じ込められた人がいる。たまたま止まったのが駅のホームであればいいが、線路の途中であれば、出るわけにはいかないので、復旧するまで車内に閉じ込められたまま待つしかない。新幹線が止まったら、いち早く弁当と飲み物を買いに行くことである。何時間も閉じ込められて、空腹まで我慢するのは大変だからだ。
 一方、飛行機は途中で止まるということはありえない。飛ばないか、飛んだものの戻ってくるか、飛んでから目的地の近くの空港へ着陸するかのいづれかである。つまり、機中に閉じ込められることはない。
 しかも私のように、単身アパートを大阪に、自宅が千葉にある場合、飛行機が飛ばないことで1泊余分に止まることがあっても、ホテルを予約する必要がないので、必ず寝る場所は確保できる。

« 体調が悪いときの移動 | トップページ | トランジスタ技術の増刊号 »

単身赴任」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/50510826

この記事へのトラックバック一覧です: 荒天時の東京・大阪移動:

« 体調が悪いときの移動 | トップページ | トランジスタ技術の増刊号 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ