« トラ技のディスプレイ特集 | トップページ | 情報工学は実務の役に立つのか »

2011年1月16日 (日)

本の買い方

 Amazonの総量の無料化によって本の買い方が明らかに変化した。2000円以上でないと送料が無料でなかった時代は、雑誌をAmazonで買うということはほとんどなかった。雑誌は大抵2000円を超えないからだ。しかし最近、雑誌までAmazonで買うようになってしまった。
 単身アパートのある周辺にはまともな本屋がないというのも影響している。トランジスタ技術のように重い雑誌だと持って帰るのが面倒で、後でAmazonで注文というパターンもある。
 予算の関係で買っていない本がカートに保存されたままになっているが、雑誌を注文する際に保存されたままになっていた本の何冊かがついでに注文される。結局雑誌1冊だけで注文されることはない。送料無料化で注文までの敷居を下げたため結果的には今まで以上に本を注文している。
 財布の状態を別にすれば、本については、あまり不自由しなくなったのはありがたい。どこでも配達してくれる宅配便網のおかげであろう。
 今困っているのは、文房具用品だ。まともな文房具店がなくなってしまった。都心だとあるかというと、本屋以上に壊滅的状態である。東急ハンズとかで買うしかない。企業向けの通販は有名なアスクルがあるが、個人向けにはない。Amazonが力を入れてくれれば、使うのだが。

« トラ技のディスプレイ特集 | トップページ | 情報工学は実務の役に立つのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本の買い方:

« トラ技のディスプレイ特集 | トップページ | 情報工学は実務の役に立つのか »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ