« 次期Windowsの対象CPUにARMコア | トップページ | 東京と大阪:病院の時間 »

2011年1月12日 (水)

単身赴任者の病院通いと電子カルテ

 新年早々風邪を引いた。席がひどくこのままでは会社の同僚に迷惑をかけるので早く直さないといけない。どこの病院へ行くかが悩む。自宅にいた時から咳はしたのだが、経験的に咳の風邪はすぐには治らないので、自宅近くの病院へ行くと、単身先へ移動してから違う病院へ行くのも厄介だ。今の医療は基本的には、治るまで1つの病院で済ませるのが原則だ。別に私だってそうしたいのだが。
 そんな理由で、まああんまり大したことないので自宅では病院へ行かなかったのだが、大阪へ移動する途中で少しこじらしたらしく、1週間以上調子が悪い。
 電子カルテで標準化されて、風邪程度の医療記録でも引き継いでもらえれば、自宅で病院へ行って、そのまま単身赴任先近くの病院で続きの医療をしてもらえるようになれば、単身赴任者にとっては便利である。

« 次期Windowsの対象CPUにARMコア | トップページ | 東京と大阪:病院の時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単身赴任者の病院通いと電子カルテ:

« 次期Windowsの対象CPUにARMコア | トップページ | 東京と大阪:病院の時間 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ