« サンフランシスコ空港でのデルタ航空からUA国際線への乗り継ぎ | トップページ | カード会社からの電話:新手の電話詐欺かと思った話 »

2011年2月28日 (月)

gooメールのスタンダードモード中止:変わることの難しさ

 メールアドレスはいくつかを使い分けている。基本のメールはNiftyメールである。ネットショップの中には無料登録のメールでは受け付けてくれないところがあったりするので、ここを使っている。
 とはいえ、いろんなところへこのメールアドレスを使うと、スパムメールがどうしても発生するので、無料登録のメールアドレスでもいいところ用にはいくつかの無料登録メールアドレスを使い分けている。その中でかなり昔から使っているのがgooメールだ。Googleがなかったころからの老舗である。
 ここが1年前に、メールサービスのメニューを大幅に変更した。たぶんGmailなどのサービスに対応しようとしてのことであろう。しかし、これが大失敗だった
 まず、旧サービスから新サービスへの移行時に、メールデータの移行に一部失敗してしまった。保存していた昔のメールが見れないのだ。これは、いくら無料サービスでも致命的な失敗であった。
 もう一つは、使い方を大幅に変更してしまったことである。これもかなりの反発を呼んだようだ。新サービスをサポートするスタンダードモード以外に、旧サービスと同様のシンプルモードを急遽作った。これでしのごうと思ったのだろうが、結局はほとんどのユーザがシンプルモードを使っているようで、結局、シンプルモードだけにしてスタンダードモードを中止するという案内が来た。
 メールサービスに求める機能はいろいろである。そもそも無料登録のメールなので、Gmailなどに乗り換えず使い続けていると言うことは今の簡単な使い方を変えるのが面倒なユーザーが使い続けていたのに、プロバイダはそれに気がつかなかった、ということでなないだろうか。
 gooは、昔は検索サービスでもYahooよりもいろんな種類のサイトがヒットすることである種のファンを獲得していた。こちらもGoogleが出てきてから精彩がなくなっていたが、独自エンジンを使っていたときは、Googleでは見つけられないサイトが見つかったりもしていた。結構長い間Googleと併用していたのだが、今ではGoogleと同じエンジンなのでgooで検索することはなくなってしまった。
 昔からある企業が、急成長する新興企業に対抗しようとして新しい機軸を打ち出した結果今までの顧客を失うというのは、コカコーラの味の変更騒動を初め枚挙にいとまがない。
 変化しなければ新しい顧客を取り込めないし、変化すると昔の顧客を失うし、なかなか変化するかしないかも難しい判断である。

« サンフランシスコ空港でのデルタ航空からUA国際線への乗り継ぎ | トップページ | カード会社からの電話:新手の電話詐欺かと思った話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: gooメールのスタンダードモード中止:変わることの難しさ:

« サンフランシスコ空港でのデルタ航空からUA国際線への乗り継ぎ | トップページ | カード会社からの電話:新手の電話詐欺かと思った話 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ