« IPv4アドレス枯渇:6年前はクラスA割り付けの大盤振る舞いしてたのに | トップページ | 開発の現場から:言葉の定義の違い:品質、検査 »

2011年2月18日 (金)

開発の現場から:言葉の定義の違い:仕様とは

 今までいろんな会社と一緒に開発をしてきた。その中で一番困ったのが言葉の違いである。発音としても使うシチュエーションとしても同じ言葉なのに、実際に使われる意味としては異なることがある。そもそも自分たちは、その言葉の定義を自分たちとは違う意味で使う人たちがいるとは思ってもみないので、開発の後の方になって、実際には全く話が通じていなかったことが発覚することも多い。
 そういう危険な言葉の筆頭は「仕様」である。「要件定義・要求仕様-違いは明確?」という記事がおもしろい。私達のところでは、商品企画がこんなことをしたいといろいろ言う要求をまとめて、あんたはこんな商品を作りたいんだね、ということを開発側が文書化してやる。それを要求仕様書とよんでいる。しかし、その要求は普通はコスト、開発費、開発納期の関係で全て満足するわけにはいかない。そこで、今回の商品で作る仕様をまとめて、要件定義書を作ることになっている。
 ただ、それは、あくまでうちのチームの作法で、同じ会社でも違う開発チームは違うやり方、違う用語を使っている。こんな状況でCMMI活動でもやろうものなら、むちゃくちゃである。しかし、それぞれのやり方には、それなりの必要性があって蓄積されてきた歴史がある。こうした歴史を切り捨てて、標準化を進めすぎると競争力が低下してしまう。どこでトレードオフをとるかは難しい。現状では、現場で都度確認しながら進めている。

« IPv4アドレス枯渇:6年前はクラスA割り付けの大盤振る舞いしてたのに | トップページ | 開発の現場から:言葉の定義の違い:品質、検査 »

スキル」カテゴリの記事

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開発の現場から:言葉の定義の違い:仕様とは:

« IPv4アドレス枯渇:6年前はクラスA割り付けの大盤振る舞いしてたのに | トップページ | 開発の現場から:言葉の定義の違い:品質、検査 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ