« 開発の現場から:言葉の定義の違い:品質、検査 | トップページ | 開発の現場から:ソフトウエア品質とハードウエア品質 »

2011年2月19日 (土)

ラジオのデジタル録音に関するあれこれ

 NHKはRadikoに参加していない。そこで、NHKラジオ放送のファンである私がどのようにしてNHKラジオを録音して通勤時に聞いているか、という話は以前書いた。その時点ではそこで紹介したICレコーダー機能付ラジオ録音機 PJ-10がコストパフォーマンスが最もよかったと思っている。ところが、Sonyがポータブルラジオレコーダー 4GB R50 ICZ-R50を発売した。一部報道では2/20発売予定だったが、Amazonを見ると既に発売されているらしい。さすがにSonyなのでいい製品に仕上がっているかもしれない。
 しかし、もっと気になる話がある。それは、「NHK、ラジオ放送のネット同時配信を来年度中にスタートへ」である。ネット配信さえされてしまえば、それをPC上で録音するソフトはすぐにでも開発されるだろう。音質はネット配信の方がはるかにいいのはRadikoで証明済みである。
 ラジオのデジタル録音環境の本命は、ネット配信の録音であろう。来年度中サービス開始なのでそれまで待ってみるのももう一つの選択肢である。

« 開発の現場から:言葉の定義の違い:品質、検査 | トップページ | 開発の現場から:ソフトウエア品質とハードウエア品質 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ラジオ・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジオのデジタル録音に関するあれこれ:

« 開発の現場から:言葉の定義の違い:品質、検査 | トップページ | 開発の現場から:ソフトウエア品質とハードウエア品質 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ