« 新人教育での苦労(IT以外のスキル):情報処理3月号より | トップページ | 単身赴任の通勤事情 »

2011年3月25日 (金)

Interface誌5月号はRXマイコン基板付き

 Interface 2011年 5月号は、Interface誌恒例のマイコン基板付きである。マイコン基板付きというのは、最初の頃は新鮮だったが、さすがに、「恒例の」という形容詞をつけたくなるほど何度もやると少し食傷気味である。
 今回のCPUはルネサスエレクトロニク製RXマイコンRX62Nである。RX62Nは、FROM384K、RAM32K、Ether-MAC、USBホスト&ターゲット、CAN、などの周辺回路を内蔵した32ビットCPUで、かなり高機能である。この基板の拡張基板として、SDカードI/FとEtherポートとを搭載したタッチパネルLCD基板というなかなか凝った基板を若松通商が売り出すようである。最初は変な拡張基板と思ったが、マイコン基板として欲しくなるマンマシンI/F、外部記憶装置、Ether通信機能を備えたものと考えるとなかなかおもしろい。RAMを増設すれば、ちょっとしたchumbyもどきも作れるかもしれない。
 マイコン付き基板は人気が高いので興味のある人は早い目に買う方がいいと思う。Amazonで新刊を買いのがした場合は、Amazonのマーケットプレイスの価格は結構強気の価格の場合がある。CQ出版WebShopに在庫があれば、1,500円以上発注の場合送料無料なので、こちらを利用するのもいいと思う(新刊があればAmazonの方が配送は早いのでAmazonがおすすめ)。あとは、書泉ブックタワーはバックナンバーの在庫が豊富だ。CQ出版WebShopに在庫がなかったバックナンバーをここで見つけたこともある。

« 新人教育での苦労(IT以外のスキル):情報処理3月号より | トップページ | 単身赴任の通勤事情 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/51215352

この記事へのトラックバック一覧です: Interface誌5月号はRXマイコン基板付き:

« 新人教育での苦労(IT以外のスキル):情報処理3月号より | トップページ | 単身赴任の通勤事情 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ