« 地震の時の通信事情:私の経験 | トップページ | がんばれ現場、口先だけの批判に負けるな:計画停電の感想 »

2011年3月13日 (日)

通勤難民:私の経験

 一昨日(3/11)は、東京の事務所で仕事であった。地震が起きた時、東京の事務所にいた。そのときに経験した通信事情については前回書いた。今回は、通勤難民の経験について書いておきたい。
 最初地震が来たときにまず確認したのは地震の大きさである。次は、家族の安全である。その次に心配になるのは、交通機関だ。果たして自宅へ帰れるかである。
 地震発生すぐは当然交通機関はストップする。今回は大きな地震だったのですぐには復旧しないと思っていた。出張で東京へ来ていた人は、最終の新幹線で大阪まで戻れる時間までに新幹線が復旧するはずがないと早々に見切って、17時頃に宿泊先を確保していた。私は自宅が千葉なので、JRがその日のうちに復旧すれば、次の日は休みなので、電車の混雑で疲れ果てても自宅へ帰るつもりであった。
 しかし、夕方、JRが11日中の運転再開はしない、ということがTVで報道された。その時点では、ビジネスホテルは全て満室になっていた。会社から10km程度の近所に住んでいる人は、徒歩で帰宅することを選んだ。私は、とても徒歩で帰れる距離ではない。首都圏は停電しているところもあるという報道だったので、夜、照明のない慣れない道を帰るというのは危険である。
 ということで、会社へ泊まることにした。いわゆる帰宅難民である。しかし、会社は停電にはなっていなかったので、少なくとも暖房はある。またポットでお湯をわかせる。一応、会社から非常食を配布されたので空腹ではない。帰宅難民とはいえ、この状態で会社に泊まるというのは、仕事で会社に泊まるのと大して違いはない。仕事の時は、近所のコンビニで弁当を買えるが、帰宅難民のときはコンビニ弁当は売り切れているだけのことだ。都内に出ていて、都庁や駅で一晩過ごすことに比べたら天国である。社外へ出ていても、会社へ戻るべきであろう。
 翌日、JRが復旧したものの、本数は少なく、大量の帰宅難民が一斉に帰宅したので、いつもの倍以上の時間がかかった。仕事で会社に泊まった翌日に帰るときは通勤ラッシュとは逆方向なので楽なのだが、通勤難民は自宅へ帰るのが疲れる。
 今回は東京が大して被害を受けていなかったのでこれで済んだが、電気も水道もない状態になったらどうなるか、火災が起きたらどうなるか、恐ろしいものがある。

« 地震の時の通信事情:私の経験 | トップページ | がんばれ現場、口先だけの批判に負けるな:計画停電の感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤難民:私の経験:

« 地震の時の通信事情:私の経験 | トップページ | がんばれ現場、口先だけの批判に負けるな:計画停電の感想 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ