« がんばれ現場、口先だけの批判に負けるな:計画停電の感想 | トップページ | スマートシティのコンセプトの見直しは必須か? »

2011年3月15日 (火)

トップは現場で仕事が出来るようにすべき:方針とバックアップ

 菅首相が、早朝に東電へ乗り込んで、会議室の外まで聞こえるくらいの声で叱責した、という報道にはうんざりした。怒鳴れば何とかなるような世界で生きてきたのであろう。怒鳴れば人は動くかもしれない。しかし、自然法則は動かない。
 今は緊急時である。いろいろ言いたいこともあるだろうが、起こってしまったことに対する叱責は後回しである。常に優先順位をつけ、その方針をトップの責任で示し、あとは現場が動きやすくするようにバックアップすべきだ。
 現場は生き物である。トップの思うとおりにはいかない。その時には、現場で起きている現状に対応していくしかない。怒鳴っている暇はないはずである。
 日経ビジネスのWebで本当にその通りだと思う記事が掲載されていた。「震災の修羅場で学んだ 災害対応の“本質」という記事から引用する。

 この時の経験で痛感したのは、震災のような緊急時には思いも寄らぬことが次々と起こり、その都度、決断を迫られるということだ。
 こんな時、事前に用意したマニュアルは役に立たない。躊躇している余裕はなく、考えついたことを矢継ぎ早に実行していくしかない。
 とにかく、即座に判断を下すことが重要だ。もし判断が間違っていても、後で修正がきく。そう腹をくくって決断を重ねていくことが求められるのである。
 電話も十分に通じず、情報も思うように集められないのだから、そもそも完璧な判断を下すことなど、不可能だ。結局、試行錯誤を繰り返すしかない。だからこそ、失敗を恐れることなく、次々と決断していくことが必要なのである。

 現場のリーダーはこうした状況の中であきらめずにやっているのである。今日も、同じような考えで前線に立っているリーダーが数多くいるはずである。トップは、そのリーダーを全面的にバックアップして欲しい。責任を押しつけるようなことだけはしないでほしい。

« がんばれ現場、口先だけの批判に負けるな:計画停電の感想 | トップページ | スマートシティのコンセプトの見直しは必須か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップは現場で仕事が出来るようにすべき:方針とバックアップ:

« がんばれ現場、口先だけの批判に負けるな:計画停電の感想 | トップページ | スマートシティのコンセプトの見直しは必須か? »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ