« スマートシティのコンセプトの見直しは必須か? | トップページ | 職業に貴賎はないが尊い職業はあるものだ:それぞれの現場でがんばろう »

2011年3月17日 (木)

単身赴任:自宅の様子が心配になる

 自宅は千葉で、私だけ家族と離れて大阪で単身赴任している。いつもは、あんまり電話もしないのだが、地震があってからは毎日のように電話している。
 千葉なので、全く被災はしていない。しかし、計画停電などの影響がある。被災地とは比べものにはならないが、やはり心配は心配である。こんなとき、単身赴任というのはもどかしいものだ。
 子供が小さかったら、家族をこちらへ移動させたと思う。子供が小さければ、少しの間なら単身アパートに家族4人で住めないことはない。しかし、子供はもう大学生だし、妻は働いているし、でそのまま自宅にいる。
 単身赴任を何年もやっているからこれでいいのである。東北・関東地区の自宅から離れて新しく単身赴任を開始する人;は、精神的に少しつらいのではないかと想像する。

« スマートシティのコンセプトの見直しは必須か? | トップページ | 職業に貴賎はないが尊い職業はあるものだ:それぞれの現場でがんばろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単身赴任:自宅の様子が心配になる:

« スマートシティのコンセプトの見直しは必須か? | トップページ | 職業に貴賎はないが尊い職業はあるものだ:それぞれの現場でがんばろう »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ