« 単身赴任:自宅の様子が心配になる | トップページ | 震災報道で感じたこと:ラジオとTVの違い »

2011年3月18日 (金)

職業に貴賎はないが尊い職業はあるものだ:それぞれの現場でがんばろう

 職業に貴賎はない、という言葉がある。震災の中、人命を助け・守るために奮戦する人々、インフラを維持しようとがんばる人々、を見るにつれ、職業に貴賎はないかもしれないが、尊い職業というものはある、という気がしてならない。
 こうした尊い仕事をTVで見ていると涙がこぼれてくる。その涙はどこから出てくるのだろうか。その人たちの真剣さにうたれているのではない。私だって真剣に仕事をしている。しかし私が仕事をしている姿を見ても涙は流れない。
 尊い仕事というのは、ダイレクトで人々の役にたつ仕事なのではないだろうか?どんな仕事だって、まともな仕事であれば人々の役に立つ。でもたとえば私の仕事は、開発したものが製品になって使ってもらってやっと役に立つ。しかし、たとえば医者などは、その仕事そのものがダイレクトに患者の役に立つ。
 震災から1週間たって、震災地ではこうした尊い職業がまだまだ必要である。しかし、そうでないところでは、普通の仕事の人たちが普通に仕事をすることが重要なフェーズにきているのではないだろうか。普通の職業人には尊い職業はできない。でも、職業に貴賎はない。被災地以外では、普通の職業人が現場でかんばらないといけない。
 今回の震災で、いかに現場が社会を支えているかを痛感した。日本の現場力は今も健在なのだろう。明日から3連休である。普通の職業の私は、普通にリフレッシュして、連休明けには普通の職業人としてがんばらないといけない。

« 単身赴任:自宅の様子が心配になる | トップページ | 震災報道で感じたこと:ラジオとTVの違い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 単身赴任:自宅の様子が心配になる | トップページ | 震災報道で感じたこと:ラジオとTVの違い »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ