« 批評家になるな、いつも批判される側にいろ:プロフェッショナル仕事の流儀より | トップページ | 分散オブジェクトって組み込みで使えるんだろうか? »

2011年4月26日 (火)

Interface誌6月号は周辺機器接続がもりだくさん

 Interface 2011年 06月号は、前に書いたRXマイコン基板付きのInterface 2011年 5月号の続編である。
 今回の特集は、「万能RXマイコンにアレもコレも全部つなぐ!」で、その題名通りの内容だ。扱われた周辺機器の種類は、今までの基板付きの特集記事の中でも最多ではないかと思う。EtherやUSBのような定番だけでなく、CANやPC104まで扱っているところがいつもと違うところである。私は、へー、こんな風に接続するんだ、という興味をもって読めたので、満足している。
 一方、実務でこの周辺機器を接続しようと思う人は、この号の説明だけでは説明不足であろう。Interface誌の記事は、通常の号でも概要を知ったり、関連のツールや評価基板の情報を得るにはいいが、詳しいことを知るには別途参考文献をあたる必要がある。今回の号は、扱う種類が多い分、1つ1つに割く誌面が少なすぎて、本当に概要レベルを理解することくらいしかできない。そういう意味では、読者層によって評価が分かれると思う。

« 批評家になるな、いつも批判される側にいろ:プロフェッショナル仕事の流儀より | トップページ | 分散オブジェクトって組み込みで使えるんだろうか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/51502373

この記事へのトラックバック一覧です: Interface誌6月号は周辺機器接続がもりだくさん:

« 批評家になるな、いつも批判される側にいろ:プロフェッショナル仕事の流儀より | トップページ | 分散オブジェクトって組み込みで使えるんだろうか? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ