« iPad2のCover:コンピュータにマグネットとは・・・ | トップページ | IE9をインストールした-確かに高速;ツールバーの設定が引き継げていないので少し困った »

2011年4月29日 (金)

PlayStationNetworkでの情報漏洩:Sonyのビジネスのコアになるはずだったのに

 PlayStationNetworkで情報漏洩が起きた。ホームページによれば、以下のような情報が漏洩した可能性があるという。

漏洩した(不正アクセス者が入手した)とみられるアカウント情報: 
 •お客様がPlayStation®Network/Qriocity™に登録した、氏名、住所、Eメールアドレス、生年月日
  PlayStation®Network/Qriocity™パスワード、PlayStation®NetworkオンラインID

また、以下の情報につきましても不正アクセス者が入手した可能性があります。
 •購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ
 •サブアカウントに関する上記情報(お客様がサブアカウントを作成されている場合)

 結構いろんな情報じゃないか、という気がする。PlayStationで遊ぶという目的に、どうして生年月日までいるんだろう。たぶん、PlayStation以外に業態を広げていくときのマーケティング情報に使いたかったんだという気がする。
 私も、PSPを持っていて、PSPのゲームをいくつかPlayStationNetworkで購入した。ということは、今回情報漏洩した1人に入っていると言うことである。情報漏洩はいろんなところで起きる。なぜかカードの不正利用にあったということを以前書いた。これもおそらくどこかから情報漏洩したんだろう。他にも単身アパートの紹介業者の日本リロケーションでも情報漏洩されている。ネット社会は便利だが情報漏洩の危険が大きい。
 Sonyとよく比較されるパナソニックとの最大の差は、PlayStationNetworkのようにコンシューマ個人までリーチしていたことであろう。パナソニックは独自のパナソニックショップを形成し、そこが顧客へリーチしているが直接パナソニックがリーチしているわけではない。もちろん、パナソニックショップと顧客の関係はFace-to-Faceである分ネットでしかつながっていないPlayStationNetworkよりも堅いつながりである可能性もあり、どちらの形態が優れているという話ではないだろう。
 ただ、その顧客への接点であるPlayStationNetworkにほころびが出たというのはあまりいい話ではない。私は電子書籍もSonyを使っていて、本の購入のためにアカウントを持っている。今はPlayStationNetworkとは別々だが、将来統合されるとか言われたら、今回のこともあって二の足を踏むだろう。PlayStationNetworkにせよ電子書籍にせよ、生活必需品ではなく、しかもライバルは存在する。Sonyである必要は全くないのだ。
 Sonyは機器の機能は素晴らしいが品質は今一(電子書籍が故障した話を以前書いた)、機器と接続するソフトのできも今一である。今回、ネットでの情報管理能力も今一であることが明らかになったわけで、Sonyには本当にもっとがんばって欲しい。

« iPad2のCover:コンピュータにマグネットとは・・・ | トップページ | IE9をインストールした-確かに高速;ツールバーの設定が引き継げていないので少し困った »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« iPad2のCover:コンピュータにマグネットとは・・・ | トップページ | IE9をインストールした-確かに高速;ツールバーの設定が引き継げていないので少し困った »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ