« 環境都市マスダール:日経エレクトロニクスの記事より | トップページ | 安心・安全なシステムとソフトウエアを目指して:セーフウエア »

2011年4月 2日 (土)

単身赴任の健康法:ラジオ体操と基本

 自宅では、ドアツードアで1時間半かかっていた通勤時間が、単身赴任になって30分強に激減したことは以前書いた。通勤時間が短くなって良かったことはいっぱいある。しかし、歩く距離が減ったので明らかに運動不足である。だからといって、スポーツクラブに行っても私の性格上続かないことは明らかである。
 そこで、毎朝ラジオ体操をすることにしている。NHKラジオ第1放送で6:30から始まる。ただ、平日は必ずこの時間までに起きているので確実にラジオ体操をやれるが、休日は寝坊するのであまりやることはない。まあ、それでもいいと思って、平日の朝はやっている。まじめにやるとからだを動かしたという気がする(単に運動不足だからかもしれないが・・・)。
 今日、久しぶりに土曜日のラジオ体操をやったら、いつもと違って、ラジオ体操を正しくやるための注意事項をかけ声のなかでやってくれていた。1年ほど前もやっていたのだが、いつの間にかやらなくなったので、評判悪かったのかな、と思っていたらまたやり出したようである。
 ラジオ体操は、小学校の頃からやっていて、夏休みは近所の公園で集まってやるということで、日本人なら誰でもやれる体操である。しかし、意外に自己流でやっている。意外な発見があるかもしれないので、土曜日朝早いが聞いてみてもいいと思う。私の例でいうと、最初の背伸びの運動で、背を伸ばすんだからということで、かかとをあげていた。でもこれは完全に我流で、本当はかかとを上げずに体操することが正しいようだ。確かにかかとを上げない方が背筋をきっちりと伸ばせる気がする。
 私は、毎朝の貴重な10分をラジオ体操に費やしているのだから、ということで、図解 本当はすごい「ラジオ体操」健康法という本を買って、正しいラジオ体操のやり方でやるようにしている。薄い本で1200円もするが、基本がわかる。やっぱり音で聞くだけでなく、図があるとわかりやすい。

« 環境都市マスダール:日経エレクトロニクスの記事より | トップページ | 安心・安全なシステムとソフトウエアを目指して:セーフウエア »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

ラジオ・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単身赴任の健康法:ラジオ体操と基本:

« 環境都市マスダール:日経エレクトロニクスの記事より | トップページ | 安心・安全なシステムとソフトウエアを目指して:セーフウエア »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ