« USB3.0ハードディスクも買いました | トップページ | 無線LANサービスを解約した »

2011年4月22日 (金)

なぜかUSBメモリはUSB2.0

 パソコンを買い換えて、USB3.0対応外付けハードディスクを購入した話を前回と前々回とで書いた。
 今回買い換えたことで、自宅の家族共用PC:Windows7-Home、自宅の個人用PC:Windows-XP、単身アパートのPC:Windows7-Professional、netbook:Windows7-starterという構成になった。全部OSが違う。単身アパートの古くなったPCはLinuxマシンにしようと思っている。
 今現在、現役で動いているPC4台の3台までがWindows7になってしまった。Windows7であれば、Windows Live Meshが動くので、同じLAN内になくてもインターネット越しでファイル同期できるので、便利である。とことが、1台だけWindows-XPが残っていて、このPCとのファイルのやりとりをどうしようかと思っている。
 1つの方法はWindows LiveのSky Driveを使うことだ。もう1つの方法はUSBメモリだ。Sky Driveは基本的には残しておきたいファイルを入れる領域にしている。一時的に使いたいファイルとかをSky Driveへ入れるのは、Sky Driveの整理体系(というほどのものではないが・・・)がくずれるのであまりやりたくない。ということで、後者のUSBメモリを使うことにした。原始的な方法だが直感的だ。
 今持っているUSBメモリは、256KBしか容量がないのでこの際もう少し大きな容量のUSBメモリを買うことにした。外付けハードディスクはUSB3.0対応を選んだ。USBメモリもUSB3.0対応を選ぼうと思ったのだが、意外にUSB3.0対応のUSBメモリというのは数が少ない。デバイスの速度を考えるとハードディスクよりもメモリの方が速度が速いので、USBインターフェースの高速化の効果があるはずだから、USBメモリの方がUSB3.0対応対応は多いと思い込んでいた。ところが、どうやらあんまり種類がなく、あっても高価だ。私の場合、あんまり使わないので、どちらかといえば、カバンに入れっぱなしにしておいて使いたいときに使える方がいい。なので、大きさがポイントである。ということで、USB2.0対応の安物のUSBメモリを買った。せっかくUSB3.0が出てきても、なかなか周辺機器は追いつかないものだ。

« USB3.0ハードディスクも買いました | トップページ | 無線LANサービスを解約した »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜかUSBメモリはUSB2.0:

« USB3.0ハードディスクも買いました | トップページ | 無線LANサービスを解約した »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ