« ソフトウエアの使用許諾:欠陥ソフトウエアの経済学 | トップページ | 想定外をどう対処するか:人間の想定は必ず間違う »

2011年5月25日 (水)

失敗学の本質を理解できていない新聞のコラム:どう「想定」するかを考えることが重要

 読売新聞の夕刊のコラム「よみうり寸評」は、何も分かっていない、と思うようなコラムが多い。以前も計画停電に関するコラムに腹を立てたことがあった。
 今回もそんな内容である。失敗学の畑村さんが原発の事故調査委員長に就任した件を扱っている。私も、今回の畑村さんの起用には期待している。今後に生かせる結論を出してくれると思うからだ。
 でも、コラムでは、責任追及を期待しているようだ。いったい、この記者は畑村さんの著書を読んでるんだろうか。少し引用する。

巨大地震と津波を「想定外」とした最初の逃げ口上に始まり、海水注入をめぐる「言った」「言わない」騒ぎ、今ごろ核燃料メルトダウン(炉心溶融)の報告◆などなど、政府と東電の情報発信は遅い、あいまいで世界にも不信を広げた面が少なくない。失敗学の経験と手法を生かし畑村委員会に徹底検証を望む。

 このコラムでは、巨大地震と津波を「想定外」としたのが逃げ口上だと断定している。私は東電経営者にとって、本当に想定外だったのだと思う。そして、失敗の本質は、この想定を間違ったことである。
 そもそも、想定の範囲で発電所が崩壊するようなことに対し、何も手を打たないことなどあり得ない。廃炉の費用はかかるし、このご時世、代替の発電所を建設することなど無理なので、経済的合理性から考えて、想定範囲であれば、必ず手を打ったはずだ。前にも書いたように、東電の社長はサラリーマン社長なので、何かあったときの責任を考え、想定内であれば非難されない手を打ったはずである。保身と会社のカネなら保身を選ぶに違いないと思う。
 なので、考えるべきは、なぜその想定を誤ったかである。こうしためったに起きないが、でも絶対に起きないとはいいきれない事象に対する技術的対応というのは技術上最もやっかいなものの1つである。今回のことを徹底的に解明することで、この種の天災に対するリスクの見積もり方に対する知見が得られれば、今後のリスクアセスメントに大いに役に立つはずである。そうするのが、失敗の活かし方である。
 評論だけしていればいい新聞記者は、その程度のことも理解できていないのだろう。ものごとというのは、結局は実践者しか本当のところは理解できない、ということが、今回の一連のごたごたで感じたことである。

« ソフトウエアの使用許諾:欠陥ソフトウエアの経済学 | トップページ | 想定外をどう対処するか:人間の想定は必ず間違う »

ニュース」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/51769268

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗学の本質を理解できていない新聞のコラム:どう「想定」するかを考えることが重要:

« ソフトウエアの使用許諾:欠陥ソフトウエアの経済学 | トップページ | 想定外をどう対処するか:人間の想定は必ず間違う »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ