« 電波時計の掛け時計:大阪は東京よりも受信しにくい? | トップページ | 話すときの癖と話す内容:癖は気になる »

2011年5月10日 (火)

キーホルダーの品質:やっぱり日本品質

 旅行の思い出に何を買うか、というには人それぞれであろう。私はキーホルダーを買うのが好きだ。安いわりには、それなりにがんばってデザインして作っている。海外でも売っているので、それなりに思い出になる。
 私はあまりコレクションの趣味はないので、買ってきたキーホルダーは、家のキー、会社のキー、車のキーとかに使っている。旅行先で買ってきたこのキーホルダーというやつは、実際に使ってみるとすぐいたんだりする。キーホルダーのエンブレムの部分とキーを刺す丸い部分とを連結する部分がすぐにいかれてしまうのである。経験では海外製品は例外なく1年程度で壊れる。米国、仏国、独国のどの国もそうだった。ひどかったのがニュージーランドで、1ヶ月くらいで壊れてしまった。
 一方、長持ちするものもある。姫路城で買ったキーホルダーで、自宅のキーと単身アパートのキーの2つをぶら下げて、持ち歩いているのだが、たぶん3年以上使っているが壊れない。なかなかたいしたものだ。昔、北海道で買ったものも、かなり長い間、使うことが出来た。
 キーホルダーの品質をあまりうるさく言う人はいないと思う。特に土産屋で買う製品はすぐ壊れても、文句を言いにいけるわけではないので、どこまでまじめに作っているか怪しいものである。しかし、そうした製品にまで、きっちりと作っているところは、実はすごいことだ。
 目立たないところまで手を抜かない、という美風がもの作り日本をささえているのだろう。良き伝統として残って欲しいものだ。
 

« 電波時計の掛け時計:大阪は東京よりも受信しにくい? | トップページ | 話すときの癖と話す内容:癖は気になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーホルダーの品質:やっぱり日本品質:

« 電波時計の掛け時計:大阪は東京よりも受信しにくい? | トップページ | 話すときの癖と話す内容:癖は気になる »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ