« Windows7:電源入れたらシャットダウンしてびっくりした | トップページ | 携帯電話のソフトウエア更新:組み込み機器のソフト更新を考える »

2011年5月13日 (金)

感動して不覚にも涙がこぼれてしまったエッセイ:日本一心を揺るがす新聞の社説

 私は企業の一技術者なので、読む本の半分は技術書とビジネス書である。あとの半分のうちの半分以上は、歴史小説、SF,ミステリである。それ以外の本はあまり読まない、というか読む時間がない。
 ところが、たまたま書評で気になる本があって、買ってしまった。思わず涙がこぼれる内容で、続刊も出てすぐに読んだ。それが、日本一心を揺るがす新聞の社説―それは朝日でも毎日でも読売でもなかった日本一心を揺るがす新聞の社説 2である。
 この本は、みやざき中央新聞という新聞の社説からいくつかを集めて作った本なので、題名は正しいと言えば正しい。しかし、普通の新聞の社説とは内容が異なる。どちらかと言えば、天声人語のようなエッセイと思った方がいい。いろんな出会いから出てきた良い話だけを取り上げるという内容だ。Amazonのサイトにはそれなりに詳しい内容紹介と、感動したというカスタマレビューが並んでいるので、どんな内容かはわかると思う。
 技術競争だ、ビジネスだ、成果だ、目標だ、ということだけではない価値もたまには考えないと、人間が風化してしまいそうな気がする。こうした本をたまに読むことが重要なのだな、と思った。

« Windows7:電源入れたらシャットダウンしてびっくりした | トップページ | 携帯電話のソフトウエア更新:組み込み機器のソフト更新を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Windows7:電源入れたらシャットダウンしてびっくりした | トップページ | 携帯電話のソフトウエア更新:組み込み機器のソフト更新を考える »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ