« 定時に空調が切られた:節電対策もほどほどにして欲しい | トップページ | 小菅正夫氏の講演が面白い:動物園て動物学園だったんだ »

2011年6月22日 (水)

節電させておいてオール電化とは:関電のラッピング列車

 今日電車を待っているとラッピング列車が来た。関西電力の広告で、オール電化の広告である。節電のおかげで定時にエアコンを切られて暑いおもいをしていることを先日書いた。その矢先だったので、なんだか腹がたった。もちろん、従業員のことを考えずにエアコンを切っているのは会社であって、関西電力ではない。しかし、節電を言い出したのは関西電力だ。これって、電力が不足するからのはずであり、なのにオール電化の広告かよ、と思ってもしかたないと思う。どう考えても関西電力は無神経としか思えない。独占企業の無神経さとでもいうのだろうか。

« 定時に空調が切られた:節電対策もほどほどにして欲しい | トップページ | 小菅正夫氏の講演が面白い:動物園て動物学園だったんだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節電させておいてオール電化とは:関電のラッピング列車:

« 定時に空調が切られた:節電対策もほどほどにして欲しい | トップページ | 小菅正夫氏の講演が面白い:動物園て動物学園だったんだ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ