« 集約型インタフェースThunderboltは本当にはやるの?:日経エレクトロニクス7/11号 | トップページ | 節電の効用:新幹線のエアコンが適切な温度になった »

2011年7月15日 (金)

ブログを書こうとしたときにちょうど地震がやってきた

 単身赴任で大阪にいてるので、千葉の自宅の家族から余震の話を聞いても、あまり実感がなかった。今回の余震は、ちょうど自宅にいるときであった。震度4だったが、やはり地震は怖い。
 3/11のときは、東京の事務所にいて、この時も怖かったが、それ以来、大きな余震があるときには大阪にいたので、大きな地震は経験しなかった。今回の余震は、私にとって、3/11以来である。
 ものごとは、聞くと経験するでは大違いである。余震ではなく、誘発地震が起きる(起きている)という話もあるし、ある程度の備えは大阪でも必要だと思った。

« 集約型インタフェースThunderboltは本当にはやるの?:日経エレクトロニクス7/11号 | トップページ | 節電の効用:新幹線のエアコンが適切な温度になった »

単身赴任」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/52215975

この記事へのトラックバック一覧です: ブログを書こうとしたときにちょうど地震がやってきた:

« 集約型インタフェースThunderboltは本当にはやるの?:日経エレクトロニクス7/11号 | トップページ | 節電の効用:新幹線のエアコンが適切な温度になった »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ