« 日本の組み込み技術を世界一にするために:日経エレクトロニクス6/13号より | トップページ | とうとう正式に節電の夏が始まった:度を超さなければ良いが »

2011年7月 1日 (金)

SONYのCDクラブマガジンが廃刊になる:紙のカタログ雑誌は消えていくのだろうか

 ソニー・ミュージックダイレクトという会社がやっている「CDクラブマガジン」というカタログ雑誌を購読していた。毎月無料で送ってくる雑誌で、クラシック、ジャズ、ポピュラーなどの音楽だけでなく、文化講演、落語などのCDになったものを、分野ごとに1つ紹介し、気に入ったのがあれば注文用ハガキで注文すれば、そのCDが宅配で届けられる、という古典的なカタログ雑誌である。この雑誌が、12月号で廃刊になる。
 私は、あまり注文しないので、たぶん、あまり良い客でなく、廃刊に至った原因を作った方の1人であろう。でも、個人的には好きな雑誌だった。私は音楽ファンというわけではないので、聞きたい音楽を自分で見つけるだけの能力がない。こうしたカタログ雑誌は基本は宣伝だが、それなりにわかりやすい解説がついている。たぶん自分だけでは買わなかったが、この雑誌をみて買ってみて、今でも何度も聞いているCDもある。私のような人間によっては非常にありがたい雑誌だった。
 今度から、Webでのコンテンツ提供になるらしい。でも、こうなると読むかどうか怪しくなる。私は紙の方が好きだ。なんでもWebへ移行すれば良いというものでもないだろう。まあ、印刷代、郵送費を考えると無料のカタログ雑誌は継続が難しい時代だとは思う。
 私にとっては、毎月のちょっとした楽しみがなくなってさみしい。

« 日本の組み込み技術を世界一にするために:日経エレクトロニクス6/13号より | トップページ | とうとう正式に節電の夏が始まった:度を超さなければ良いが »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本の組み込み技術を世界一にするために:日経エレクトロニクス6/13号より | トップページ | とうとう正式に節電の夏が始まった:度を超さなければ良いが »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ