« Amazonのソフトウエアのダウンロード販売:半額セールと言ってもこの品揃えでは・・・ | トップページ | 日経ソフトウエア10月号は特別付録「フリープログラマという生き方」が面白い »

2011年8月27日 (土)

羽田空港の大雨の影響で飛行機が1時間半遅れた

 荒天時の東京・大阪移動は新幹線よりも飛行機というのが私の持論である。でも、昨日は、羽田に大雨が降るということで、飛行機の便が大幅に狂った。
 私は、19:00伊丹発の飛行機を予約して、18:30頃、伊丹空港に着いた。その時点で、18:00発の便は19:10に、19:00発の便は19:40に、20:20発の最終は欠航と言うことになっていた。この時点では、あまり選択の余地がない。会社にいるときに、羽田空港での大雨の影響を知っていたら新幹線に変更したのだが、伊丹空港に着いてから知ったのでは、伊丹空港→新大阪駅の移動、新幹線も遅れるかもしれないというリスクを考えると、そのまま19:40まで待つことにした。
 だいたい、飛行機の遅延は、もう1回、遅延する。19:40と言ってても、絶対に19:40には飛ばないだろうと思っていた。一旦遅延すると、どんどん遅れが広がるという、渋滞問題そのものの現象になるからだ。でも、1時間遅れの20:00には飛ぶだろうとたかをくくっていたら、大外れで、結局1時間半遅れの20:30出発になってしまった。まあ、それでも、新幹線の中で1時間半余分に閉じ込められるよりもましである。雷の影響で停電して、新幹線の中でエアコンも効かずに閉じ込められるというのが最悪のシナリオとしてあり得て、それを回避するには、少しくらいの我慢もしかたない、と思っている。
 台風が近づいたりしているときは、会社を出る前に必ず交通情報を確認することにしている。単身赴任なので、移動できなければ、自宅に泊まるか、単身アパートに泊まるかすればいいからで、何としても移動しなければ、というインセンティブは全くないからだ。しかし、今回は、全くノーマークだった。
 1時間半余分に空港にいて思ったのは、伊丹空港の設備の貧弱さである。羽田に着いてから夕食と思っていたのを伊丹で夕食に切り替えたのだが、食べる場所があまりない。やっぱり羽田空港の設備は大したものだ、という感想である。

« Amazonのソフトウエアのダウンロード販売:半額セールと言ってもこの品揃えでは・・・ | トップページ | 日経ソフトウエア10月号は特別付録「フリープログラマという生き方」が面白い »

ニュース」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/52577550

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港の大雨の影響で飛行機が1時間半遅れた:

« Amazonのソフトウエアのダウンロード販売:半額セールと言ってもこの品揃えでは・・・ | トップページ | 日経ソフトウエア10月号は特別付録「フリープログラマという生き方」が面白い »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ