« 自転車用の傘固定具:流行の地域性 | トップページ | ショッピングセンター(イクスピアリ)の駐車場にはバレーパーキング:500円の価値があるかは??? »

2011年8月19日 (金)

シルク・ドゥ・ソレイユを観に行きました:サーカスをおしゃれにするとこんなに印象が変わるんだ

 舞浜のディズニーランドの近くにあるシルク・ドゥ・ソレイユが、年内で営業を終了するというので、観に行った。
 基本は、サーカスである。サーカス劇団というように紹介している場合も多い。見た印象では、サーカスには違いないが、おしゃれにすると、かなり印象が変わると言うことである。
 サーカスというのは基本的には巡業なので、そんなに舞台設備に凝ることが出来ない。しかし、舞浜のシルク・ドゥ・ソレイユは常設なので、舞台装置そのものも凝ったものになっている。これにより、従来のサーカスとかなり印象が異なることになる。
 通常のサーカスと異なるのは、動物を使うショーがないことだ。ライオンの火の輪くぐりとかの伝統的な芸はやらない。あとは、1つ1つの内容は今までのサーカスと同じである。ピエロがいて、綱渡りがあって、空中ブランコがフィナーレで、という構成である。この構成の間をうまくつないで、1つのスローリー仕掛けにすることで、ショー的要素を進化させたのだろう。
 ただ、1つ1つの芸も進化していることは確かだ。今まで数回しかサーカスを観たことがないが、それよりも確実に進化した芸になっている。たとえば、空中ブランコは、1つ1つは伝統な空中ブランコの芸だが、2組の空中ブランコを存在させることで、より複雑な芸に見えるようになっている。
 こうした見せ方の工夫を高めることで、サーカスという少し古いイメージのある芸を、新しいエンターテイメントにしているのであろう。でも、少し、入場料が高すぎるけど。夫婦2人で25000円は高い・・・

« 自転車用の傘固定具:流行の地域性 | トップページ | ショッピングセンター(イクスピアリ)の駐車場にはバレーパーキング:500円の価値があるかは??? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車用の傘固定具:流行の地域性 | トップページ | ショッピングセンター(イクスピアリ)の駐車場にはバレーパーキング:500円の価値があるかは??? »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ