« とうとうプリントゴッコも全て販売終了:製品の栄枯盛衰について | トップページ | 雑誌PCFanの休刊:PCも栄枯盛衰を語る時代が近いのかも »

2011年9月28日 (水)

ブルーレイは再生が始まるまでに時間かかりすぎ:BD-Liveも意味があるのかな?

 スター・ウォーズのブルーレイ版が発売されるというのを知って、全エピソードを収録したスター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定)をAmazonで予約購入してしまったという話は以前書いた。Amazonからは発売日にきっちりと届いた。
 発売日翌日からシルバーウィークということで、時間もあったので、観ることが出来た。内容については、Amazonのレビューが恐ろしい数になっているので、それを参考にできると思う。私は、マニアではないので、全エピソードを揃えられて、しかも特典映像付きということで、素直に喜んでいる。
 ただ、少し不満がある。それは別に中身ではなく、中身を観るまでにかかる時間だ。ブルーレイをセットしてから、プレイヤがなかなか再生を始めてくれない。途中で「提供先のサーバーへ接続しています」という意味不明のメッセージが出る。これは、BD-Liveの機能で、ネットワークへ接続して追加映像や追加字幕のダウンロードをできるようにする機能らしい。でもそんなものいらないのでスキップして早く中身を観たいのだが、そうもいかず、何秒かここで待たされる。
 その後、再生が始まったかと思うと、例によって、著作権表示である。このブルーレイは、カネを払って買ったのに、なんで毎回、こんな表示をみなけりゃいけない?と思うのは私だけではないはずだ。中身は素晴らしくても、観ようと思ってから、こんなに時間を要すると、興ざめである。ハードディスクに入った映像を観るのと同じくらいにとまでは言わないが、もう少し何とかして欲しい。
 とはいえ、さすがに映像は素晴らしい。5.1chのスピーカーを買いたいと真剣に思った。まあ、家が狭いのでミリだが。サラウンドヘッドホンでも試してみようか???

« とうとうプリントゴッコも全て販売終了:製品の栄枯盛衰について | トップページ | 雑誌PCFanの休刊:PCも栄枯盛衰を語る時代が近いのかも »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/52854514

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイは再生が始まるまでに時間かかりすぎ:BD-Liveも意味があるのかな?:

« とうとうプリントゴッコも全て販売終了:製品の栄枯盛衰について | トップページ | 雑誌PCFanの休刊:PCも栄枯盛衰を語る時代が近いのかも »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ