« 日々のながら運動:簡単にできるものしか続かない | トップページ | 製品としてのソフトウエア開発の仕様変更の工数の本質をついたエッセイ:BEST SOFTWARE WRITINGより »

2011年9月12日 (月)

気泡が入らないiPad2用の液晶フィルムは本当に素晴らしい

 私は電子機器をケースに入れるのが嫌いなタイプで、そのため、iPadもケースに入れず、裸のまま机の上に置いてある。こうすれば、いつでも使いたいときにすぐに使える。前にも書いたように、起動は早いし、Safariブラウザも本当に高速だ。机の上に裸で置いておくことで、本当にちょっとしたことでも使えて便利である。
 ただ、こうした使い方で気になるのは、傷や汚れである。特に画面の保護は重要で、そのために私のような使い方では保護フィルムは必須である。ただ、この保護フィルムというのがやっかいで、つけるに一苦労で、つけた後も気泡が入って気になったりする。 SONYの電子書籍やゲーム機のPSPなども、ケースに入れないので保護フィルムを貼っているが、どうしても気泡が入ってしまう。
 ところが、iBUFFALO iPad2用 液晶保護フィルムは、100%気泡が入らないエアーレスシールを採用ということで、気泡が入らないことをアピールした製品である。少し高価だが、Amazonのレビューもすこぶる評判が良いので、買ってみた。本当に気泡が入らない。画期的な製品である。
 プリンストンテクノロジー iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペンというのを使っているが、これを使っても全く問題ない。まあ、専用ペンの方は可もなく不可もなく、だ。Amazonのレビューでは壊れやすいということだが、一応3ヶ月ほどは使えている。もっと、使い勝手のいいものがあれば教えて欲しい。
 この液晶フィルムは、スマートフォン用もあるようだが、電子書籍用とPSP用も是非とも作って欲しいものだ。絶対に購入する。
 

« 日々のながら運動:簡単にできるものしか続かない | トップページ | 製品としてのソフトウエア開発の仕様変更の工数の本質をついたエッセイ:BEST SOFTWARE WRITINGより »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/52712926

この記事へのトラックバック一覧です: 気泡が入らないiPad2用の液晶フィルムは本当に素晴らしい:

« 日々のながら運動:簡単にできるものしか続かない | トップページ | 製品としてのソフトウエア開発の仕様変更の工数の本質をついたエッセイ:BEST SOFTWARE WRITINGより »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ