« 琵琶湖疏水記念館に行ってきました:近隣の設備も興味深い | トップページ | TSUTAYA GALAPAGOSがシャープの子会社に:メーカーが本当にコンテンツ商売できるんだろうか? »

2011年10月 3日 (月)

ビューンのコンテンツの種類が増えた:Appleファンターゲットに合わせた品揃え?

 iPad2を使っている。ビューンというサービスに加入しているというのは以前書いたことがある。このサービスで扱っているコンテンツは、ほとんどが試読レベルじゃないか、という良くない評判もあるようだが、まあ月450円という料金なので、それを考えると私は満足している。
 このビューンが10月1日からコンテンツを追加した。「Mac Fan」・「Web Designing」・「MAINICHI RT」・「おさんぽマップ」である。クイズで、ビューンが追加したコンテンツは何でしょう?というのがあったとしたら全問正解できる人はほとんどいないだとう。というか、私は、「MAINICHI RT」・「おさんぽマップ」というのはあることも知らなかった。「Web Designing」はPC関連の書棚に置いてあることもあるので存在は知っていたが読んだことはない。今の週刊朝日とか、プレジデントあたりの品揃えに比べると、かなり知名度は低いのではないだろうか。この4つが増えるからと言って、ビューンに加入する人が果たして増えるのかが疑問だ。
 でも、そもそも、この配信のプラットフォームを考えると、新規サービスにはつながらないが、継続するのにつながる気もする。iPad、iPhoneのユーザーがAppleファンとは限らないが、Apple ファンは大抵の場合iPad、iPhoneのユーザーだからだ。Appleファンがパソコンを持っているとすればMacだろうから、「Mac Fan」という選択は意外に線なのかもしれない。
 「Web Designing」を読むようなデザイン系の人もMacファンが多いので、これも読者層が重なるのかもしれない。
 あとの2つは、私には不明だ。特に、「おさんぽマップ」は、目次+αくらいしか掲載されていないので、これはがっかりだ。ここまで掲載量が少ないと逆に評判が悪くならないかと心配になるくらいである。

« 琵琶湖疏水記念館に行ってきました:近隣の設備も興味深い | トップページ | TSUTAYA GALAPAGOSがシャープの子会社に:メーカーが本当にコンテンツ商売できるんだろうか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/52900636

この記事へのトラックバック一覧です: ビューンのコンテンツの種類が増えた:Appleファンターゲットに合わせた品揃え?:

« 琵琶湖疏水記念館に行ってきました:近隣の設備も興味深い | トップページ | TSUTAYA GALAPAGOSがシャープの子会社に:メーカーが本当にコンテンツ商売できるんだろうか? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ