« なぜ重要な話を聞き逃すのかという理由を明確に書いてある本:聞き管理 | トップページ | CEATECに日産が出展していてびっくり:EVの電池利用を本格的に進め家電の領域へ進出するのだろうか? »

2011年10月 7日 (金)

現役の途中で倒れるということ:スティーブ・ジョブズ氏の死去と日野原重明氏の100歳から生涯現役を考える

 アップルのスティーブ・ジョブズ氏が死去した。まだ56歳だったという。つい最近CEOを退任して、すぐに死亡というぎりぎりまで現役で仕事をしてきた生涯だった。私も、AppleⅡと同じ世代で電子工作→マイコン→趣味がそのまま本職というパターンなので、いろんな思い出があったりする。
 しかし、今回そんな思い出以外にも、生涯現役であることについて、少し考えさせられてしまった。少し前に、日野原重明氏の100歳の誕生日のニュースを聞いて、生涯現役について考えたことを書いたが、今回のスティーブ・ジョブズ氏の若すぎる死のニュースを聞いて、違った感慨を持った。
 前にも書いたように、私の生涯現役のイメージは、定年後にも仕事を続けたいという延長線上でしかとらえていない。日野原重明のニュースを聞いたときは、100歳まで生涯現役なんて想像を絶する、と思った。でも、それも一面的なことでしかなかった。人間の寿命というモノだけは誰も制御できない。誰もが現役である年齢で倒れるということもあるのである。私のような甘い人間には、そのことも想像を絶する。
 いろんな形の生涯現役があるのである。でも、スティーブ・ジョブズ氏も日野原重明氏も、何か美しい生き方というものを見せてくれている気がする。仕事というのは、お金だけでない、何かの価値があるのだろう。

« なぜ重要な話を聞き逃すのかという理由を明確に書いてある本:聞き管理 | トップページ | CEATECに日産が出展していてびっくり:EVの電池利用を本格的に進め家電の領域へ進出するのだろうか? »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/52932235

この記事へのトラックバック一覧です: 現役の途中で倒れるということ:スティーブ・ジョブズ氏の死去と日野原重明氏の100歳から生涯現役を考える:

« なぜ重要な話を聞き逃すのかという理由を明確に書いてある本:聞き管理 | トップページ | CEATECに日産が出展していてびっくり:EVの電池利用を本格的に進め家電の領域へ進出するのだろうか? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ