« 東芝のレグザサーバーって究極のタイムシフトマシンには違いない:20年前なら欲しかったけど・・・ | トップページ | Androidは実は自由ではないのかもしれない-Google社のオープン・ソフトなのだろう:日経エレクトロニクス10/3号 »

2011年10月12日 (水)

本を読み返す人って少ないんだ・・・:私の読書方法

 私が愛読しているメールマガジンに毎朝1分!天才のヒントというメールマガジンがある。天才のヒントというより、ちょっとした仕事のヒントや生き方のヒントを毎朝配信してくれるメールマガジンで、私の日々のペースメーカーの一つにもなっている。
 この配信の中で、1つ気になる話題があった。知人10人ほどと読書について、各自のやり方を披露しているなかで、このメールマガジンの筆者のやり方がみんなから驚かれたという。少し引用する。

私が実際やっている読書法で、周りに驚かれたのが、「同じ本を何度も繰り返し読む」ということでした。

 へー、同じ本を何度も繰り返して読むというのは、周りから見たら驚かれるような習慣なんだ、と、この部分を読んで変に感心した。私も、この筆者と同じく、何度も同じ本を読むタイプだからだ。このブログのプロフィールに愛読書と影響を受けた本を並べてるが、どの本も2回は読んでいる。この中で一番何度も読んだのはおそらく項羽と劉邦で、20回以上は読んでいる。
 気に入った本を何度も読み返さないでいいなら本棚はいらないわけで、ある意味うらやましい読み方である。愛読書の半分くらいは文庫本なので、何度も読んで表紙がすりきれてBOOKOFFへ持っていっても値段がつかないだろうくらいくたびれている。私の読書時間の何割かは、こうした再読に割かれているので、読書好きの割には、新しい本を読んでいないのかもしれない。
 でも、何かやる気がしないときに、気に入っている本を読んでいるうちに少し気分が回復するというのがある。こういう時には、新しい本は読む気にはならない。メンタルヘルス面でも役立ってくれているので、本というのは安いものだし、何度も読む時間も無駄ではないと思っている。

« 東芝のレグザサーバーって究極のタイムシフトマシンには違いない:20年前なら欲しかったけど・・・ | トップページ | Androidは実は自由ではないのかもしれない-Google社のオープン・ソフトなのだろう:日経エレクトロニクス10/3号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読み返す人って少ないんだ・・・:私の読書方法:

« 東芝のレグザサーバーって究極のタイムシフトマシンには違いない:20年前なら欲しかったけど・・・ | トップページ | Androidは実は自由ではないのかもしれない-Google社のオープン・ソフトなのだろう:日経エレクトロニクス10/3号 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ