« 開発の現場から:ネットワークを使ったソフトウエアを書くために必要な技術知識 | トップページ | 10年日記:数分で書けるので続けやすい-1年続けばきっと続けられる »

2011年11月 8日 (火)

店舗の商品を「Amazon検索」できるアプリ:Amazonが市場を縮小させるリスク

 Amazonは、携帯電話のカメラを商品に向けただけで製品を特定し、その価格や製品レヴューや、「Buy now」ボタンでその場でAmazonで注文できるiPhoneアプリFlowを発表したらしい。本だけでなく、包装された製品のほとんどすべてを認識できる。今のところ、米国のみのサービスということだが、なんかすごいアプリだ。
 商店へ行って、欲しいものがあっても、重たいもので今すぐ欲しいものでなければ、このアプリでAmazonへ注文すれば、後で配達してもらえる。本以外の商品だと、Amazonの方が安いことも多いので、これも、少し我慢できるなら安いAmazonで注文するだろう。
 つまり、実店舗で買うのは、Amazonでは取り扱っていない商品、Amazonよりも安い商品、今すぐ必要な商品、くらいしかなくなるんだろうか。Amazonだけでなく、他のネット通販業界も参入すれば、結局は今すぐ必要な商品くらいしか必要でなくなるのかもしれない。これって、コンビニが今果たしている機能なので、究極としてはネット通販業者とコンビニしかいらなくなるんだろうか?
 ネットは市場全体を縮小させてしまうという日経ビジネスOnlineの記事によると、様々なモノやサービスが取引されている市場の規模自体が、ネットの存在によって縮小してしまうということが書かれていた。このFlowというアプリだって、市場全体では縮小の方向でしかないように思う。実店舗の客をAmazonにとられていくことで、実店舗が少なくなる。そうすると、ものを見て欲しくなると言う購買行動がまわらなくなる。
 私は今でも本屋で買う本の方がAmazonで買うよりも多い。最寄りの駅から本屋がなくなれば、Amazonで買う本が増えるかというと疑問だ。私個人の購買行動としても、実店舗がなくなれば、私の購買額は縮小するだろう。Flowというアプリは、少しやりすぎのような気がする。

« 開発の現場から:ネットワークを使ったソフトウエアを書くために必要な技術知識 | トップページ | 10年日記:数分で書けるので続けやすい-1年続けばきっと続けられる »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53195496

この記事へのトラックバック一覧です: 店舗の商品を「Amazon検索」できるアプリ:Amazonが市場を縮小させるリスク:

« 開発の現場から:ネットワークを使ったソフトウエアを書くために必要な技術知識 | トップページ | 10年日記:数分で書けるので続けやすい-1年続けばきっと続けられる »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ