« 来年のスケジュール用のリフィルを買った:今でもシステム手帳を使っている | トップページ | 開発の現場から:ネットワークを使ったソフトウエアを書くために必要な技術知識 »

2011年11月 6日 (日)

語学力はどうすれば伸びるんだろう:家内の韓国語と私の英語

 業務で英語が必要なときもあるのに、私の英語力は今ひとつである。前にも書いたが、今年のG/Wに英語を勉強しようと思って挫折した。英語ほど、かけた時間と得られた実力のアンバランスが激しいものはない。趣味が仕事になったような職業選択をしているので、仕事そのもので挫折感を感じることは少ない。仕事以外のことは、たいていの場合、苦手なら回避できる。英語だけは、仕事と少し関係することもあり、苦手でも回避は出来ないので、いつまで経っても勉強しているのだが、苦手なので伸びないのだろう。
 家内は韓流ファンで、韓国語を勉強していることも以前書いた。こちらは、1年ちょっとしか勉強していないにも関わらず、普通の会話ならTVの韓国語の内容がある程度わかるようになってきたらしい。私は、Face-to-Faceでゆっくりしゃべってくれない限り英語はわからない。TVの英語は絶対に無理だ。家内は、英語は私よりも苦手なので、別に語学の才能があるわけではない。
 なぜこんなにのびが違うんだろうか?
 まずは、好きこそものの上手なれ、なのだろう。私は、業務での必要性で勉強しているが、家内は好きでやっているわけである。しかも、吹き替えではなく字幕で韓国語の番組を1日2~3時間は観ているので、韓国語に接する時間が圧倒的に長い。私も、米国ドラマが好きで毎日1時間ほど観ているのだが、こちらは吹き替えで観ているので、英語の勉強には一切ならない。
 語順は韓国語は日本語とほぼ同じなので英語より楽だという説もあるが、こういう違いがどこまで影響するのかは少し疑問に思っている。韓国語の方が楽なのだろうが、私が韓国語をわかるようには決してならないと思う。勉強しようという意欲が一切ないからだ。
 となると、私の英語はきっと伸びないことが容易に推測できる。仕方ないとあきらめてもいる。英語を勉強するより、技術を勉強する方が好きだから仕方ない。人間の時間は有限だ。どこに注力するかであろう。
 とはいえ、英語力が全く落ちていくと業務にも差し支えがあるので、1週間に数時間の時間は確保している。

« 来年のスケジュール用のリフィルを買った:今でもシステム手帳を使っている | トップページ | 開発の現場から:ネットワークを使ったソフトウエアを書くために必要な技術知識 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語学力はどうすれば伸びるんだろう:家内の韓国語と私の英語:

« 来年のスケジュール用のリフィルを買った:今でもシステム手帳を使っている | トップページ | 開発の現場から:ネットワークを使ったソフトウエアを書くために必要な技術知識 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ