« 貧乏くさい会社の節電:蛍光灯を間引きするのはやめて欲しい | トップページ | 飛行機の持ち込み荷物からバリューチェーンを考える »

2011年12月23日 (金)

飛行機の機内持ち込みはもっと制限できないのか?

 単身赴任で大阪に異動して、5年目になる。自宅は千葉で、仕事の都合で東京出張も多いので、年間50回くらい東京・大阪を往復している。その移動によく飛行機を利用していることは、何度も書いてきた
 飛行機の欠点は、よく遅れることである。新幹線は途中で止まるということがあるが、飛行機はそれはない。昔は、羽田空港の混雑で、羽田空港上空まで来ているのに、上空で待機していることがあったが、新しい滑走路が出来てからは、さすがにそんなことはなくなった。でも、出発が遅れることは再三である。先日は30分ほど送れてしまった。送れる理由は、大きく分けて2つである。使う予定の機体が到着しないため、機体の準備ができずに遅れる場合。もう一つは機体が来ているにもかかわらず、機体の整備が遅れることである。先日の遅れは機体整備の遅れであった。感覚的には、10回に1回は遅れる。大抵は10分程度で、30分も遅れるのはそんなにない。なので、飛行機の方が楽なので飛行機で移動することが多い。
 先日は、遅延だけでなく、荷物の持ち込みで時間がかかっていた。みんな大きな荷物を持ち込むので、CAが荷物入れのカバーを閉めきれないのである。飛行機は、機内とは別に収納庫があるので、大きな荷物はそこへ預けるべきである。持ち込める範囲のキャリーバッグであっても、そのキャリーバックと同じくらいの大きさのカバン2つを持ち込んでは、そりゃ荷物入れがいくらあっても足りない。
 本来は、持ち込み検査をしているところではじくべきなのだろうが、そんなことはしていない。たぶん、荷物検査の係員は空港職員で、荷物オーバーで困るのは航空会社社員なので、荷物検査では安全だけチェックしてあろは知らないふりなのだ。でも、そうして持ち込まれた荷物のおかげで、ただでさえ遅れている出発が余計遅れるのである。そもそも、機内に荷物を持ち込む方も、早く出たいからと言って、節操もなく多くの荷物を持ち込むというのは本当にモラルに欠ける。いい年をしたサラリーマンが、たくさんの荷物をかかえて飛行機から出て行くのを見ると、バカかと思う。持ち込み荷物は男性は1つ、女性は1つ+ハンドバックに制限すべきだ。

« 貧乏くさい会社の節電:蛍光灯を間引きするのはやめて欲しい | トップページ | 飛行機の持ち込み荷物からバリューチェーンを考える »

単身赴任」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53547921

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機の機内持ち込みはもっと制限できないのか?:

« 貧乏くさい会社の節電:蛍光灯を間引きするのはやめて欲しい | トップページ | 飛行機の持ち込み荷物からバリューチェーンを考える »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ