« いよいよ年末を実感:年賀ハガキとクリスマス | トップページ | iOSとAndroidの両方でアプリ開発する時の効率化の方法:日経ソフトウエア2月号より »

2011年12月26日 (月)

新幹線が停電で遅延:予約していた便が運休になって困ってしまった-改札に入る前にわからなかったので窓口で並ぶはめに

 雪により倒れた木が架線にかかり停電した影響で、新幹線が遅延・運休した前にも書いたが、荒天時の東京・大阪移動は飛行機を使っているのだが、経験則は雪ではあまり遅延しないので、仕事の都合で新幹線を予約していた。ところが、品川の駅に着くと改札で人がたまっている。どうやら、運休しているらしい。その原因が、架線にかかり停電ということで、復旧までに時間がかかりそうなので、一旦、会社へ戻った。その時点で、間に合わそうと思っていた会議に間に合わないので、新幹線をやめて飛行機にすればよかったのだ。
 ところが会社に着いたら、新幹線が復旧しているという。何本か運休があったのだが、夕方までに大阪の事務所へ顔を出せそうな時間帯の列車があったので、それを予約してしまった。これがやっかいごとになった。
 これも前に書いたが、新幹線ではEX-ICサービスというのを使っている。ネットで予約すれば、改札でカードをかざすだけで新幹線に乗車できるという優れものにサービスである。新幹線が復旧しても、すぐにダイヤが回復しないだろうとふんで、復旧から2時間ほど経った列車を予約して品川駅まででかけた。入り口で、予約した列車が運休にはなっていないことを確認して改札を入った。ところが、である。改札を入ってから、その予約した列車が運休になってしまったのである。たぶん、もっと前に運休が決まっていたのだが、情報表示の更新が間に合わなかったのだろう。このあたりは、始発駅の東京へ行けば、もっと的確に情報がわかったはずだと後悔している。新横浜ならともかく、品川へ行くくらいなら、こういう時は東京まで行くべきであろう。
 やっかいなのは、既に改札を通ってしまったことだ。改札を通る前で、その列車の発車時刻前なら、EX-IC予約はネットで予約変更できる。しかし、改札を通ってしまってからではそれはできない仕組みになっている。ルールでは、自由席には座れるのだが、こんな時に自由席が空いている訳はない。駅員に言って、一旦駅を出て、ミドリの窓口に並んで、予約を取り直すはめになってしまった。この影響で、予約していた列車よりも2時間近く後の列車に乗るはめになった。
 こういう時には、一瞬の判断と、運とが必要だ。疲れ切ってしまった。まあ、列車の中で、何時間も閉じ込められたのではなかったので、それだけはましかもしれない。

« いよいよ年末を実感:年賀ハガキとクリスマス | トップページ | iOSとAndroidの両方でアプリ開発する時の効率化の方法:日経ソフトウエア2月号より »

ニュース」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53576979

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線が停電で遅延:予約していた便が運休になって困ってしまった-改札に入る前にわからなかったので窓口で並ぶはめに:

« いよいよ年末を実感:年賀ハガキとクリスマス | トップページ | iOSとAndroidの両方でアプリ開発する時の効率化の方法:日経ソフトウエア2月号より »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ