« 米国特許は簡単に特許になりすぎないか?:ワンクリック特許 | トップページ | 貧乏くさい会社の節電:蛍光灯を間引きするのはやめて欲しい »

2011年12月21日 (水)

節電と言われても狭いアパートではエアコンを使うしかない

 本格的に寒くなってきた。私もエアコンで暖房している。単身アパートという極めて狭い所に住んでいる身なので、エアコンとは別にストーブを買って置くだけのスペースがない。ましてや、灯油の置き場も必要な石油ストーブはあり得ないし、ガスストーブのための配管は単身アパートにはない。ということで、この電気不足の世の中でも、エアコンで暖房するしかない。
 エアコンによる暖房の悪い点は、空気が乾燥することだ。そうでなくても冬場は乾燥するのに、エアコンを使うと余計乾燥する。自宅では、それなりに良いエアコンを使っているので、加湿暖房というのが可能だが、単身アパートに備え付けのエアコンは安物なのでそんな機能はない。乾燥すると風邪を引きやすくなるので、加湿器をつけている。エアコンと加湿器の2台は、冬場を過ごす私にとって必需品である。節電だから、これも節約しろ、と言われると健康に悪い。
 もちろん、なるべく速く布団に入って、エアコンを切るという努力はしている。布団の中で、本を読むのが好きなので苦痛ではない。でも、こうやってブログも書きたいし、メールも見たい。デスクトップPC派なので、布団の中でPCは使えない。
 エアコンの温度設定は18度である。エアコンをしていても、ある程度、服は着込み、膝には膝掛けをしている。でも、別にこれは今に始まったことではなく、昔からこうしていた。そもそもけちなので、節電は心がけていたからだ。ということで、節電のメッセージを見ると、これ以上、どうしろと言うんだ、と思ってしまう。電球をLEDに変えろと言われれも、あと数年で引き上げる単身アパートで、LED照明はもったいない。たぶん、一番いいのは単身赴任を解消してくれることだろう。

« 米国特許は簡単に特許になりすぎないか?:ワンクリック特許 | トップページ | 貧乏くさい会社の節電:蛍光灯を間引きするのはやめて欲しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

単身赴任」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節電と言われても狭いアパートではエアコンを使うしかない:

« 米国特許は簡単に特許になりすぎないか?:ワンクリック特許 | トップページ | 貧乏くさい会社の節電:蛍光灯を間引きするのはやめて欲しい »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ