« 大阪弁に関する絶滅危惧種の考察:大阪への転勤者と話をして | トップページ | 飛行機で久しぶりにタラップを利用した »

2012年1月27日 (金)

CSI(科学捜査班)の202話「宇宙船CSI」は宇宙大作戦のパロディーが満載

 海外ドラマが好きで、毎日見ている。基本はミステリーかSFである。CSIは、科学捜査で犯罪を捜査するというミステリであるが、この202話に出てくるSFファンが、いわゆるトレッキーのパロディーなのだ。ERとか、海外ドラマで出てくるSFファンは半分はトレッキーのパロディーだと思うくらいだ。
 でも、大抵は、制服の格好とか、クリンゴン星人のコスプレとかなのだが、今回は秀逸だった。ドラマの中でドラマをやっていてそれが宇宙大作戦そのものなのである。いかにもカーク船長がいいそうなせりふとか、赤い制服の登場人物は死ぬことになってるよ、とか、随所に笑える。かなり笑えるのですすすめである。
 そういえば、チャックの6話のサンドワームは、デューン 砂の惑星にでてくる、これもSFネタだ。
 CSIもチャックも、大学生の息子も見ているのだが、どちらもさすがに古すぎてわからないらしい。たまにTVを見ると全く知らないタレントが多くて、これは誰だ、とか聞いて子供にバカにされるので、たまには少し解説できるのも優越感があっていいものだ。

« 大阪弁に関する絶滅危惧種の考察:大阪への転勤者と話をして | トップページ | 飛行機で久しぶりにタラップを利用した »

ラジオ・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 大阪弁に関する絶滅危惧種の考察:大阪への転勤者と話をして | トップページ | 飛行機で久しぶりにタラップを利用した »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ