« 開発の現場から:世代論は面白いけど-ガンダム世代とワンピース世代 | トップページ | カラオケが音楽の趣味を変えた:手段が文化へ及ぼす影響 »

2012年1月10日 (火)

実質的な仕事の初日:成人の日の休日は意味があるんだろうか

 大部分のメーカーの仕事始めは1/5であろう。今年は1/5が木曜日だったので、木・金仕事をして、その後、3連休ということで、火曜日の今日1/10が実質的な仕事のスタートである。
 休日が多いというのは個人的にはうれしい。しかし、仕事上で言えば、正月休み明けすぐに3連休というのは、仕事のリズムという部分ではあまり良いことではないように思える。昔は、1/15だったので、正月明けがすぐに連休と言うことにならなかった。
 そもそも、成人の日を、休日を作ってまで祝うというのは、現代においてふさわしいのだろうか?日曜日にでもやればいいのでは、と思う。ただでさえ、休日の多い日本である。少し考えてもいいのではないか、と思う。
 まあ、スタートダッシュの遅い私の方が問題なのかもしれないが。

« 開発の現場から:世代論は面白いけど-ガンダム世代とワンピース世代 | トップページ | カラオケが音楽の趣味を変えた:手段が文化へ及ぼす影響 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実質的な仕事の初日:成人の日の休日は意味があるんだろうか:

« 開発の現場から:世代論は面白いけど-ガンダム世代とワンピース世代 | トップページ | カラオケが音楽の趣味を変えた:手段が文化へ及ぼす影響 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ