« ビデオの録画予約にはイベントリレーという機能があることを初めて知った:でもこの名称じゃわかんないよ | トップページ | 本当の技術は聞くだけではわからない:耳年増では本当には使えない »

2012年1月23日 (月)

M7級首都直下地震、4年内70%:どうすればいいんだろう?

 マグニチュード(M)7級の首都直下地震が今後4年以内に約70%の確率で発生するという試算を、東京大学地震研究所の研究チームがまとめた、という記事が読売新聞の一面だった。4年以内に70%というのは衝撃的な数字である。
 実際に地震が発生したらどうすればいいんだろうか?たとえば、3・11のように会社にいるときには、そのまま会社で待機するように、ということを都が言っている。(首都直下型地震では「移動するな、会社で備蓄」)少し引用する。

 3月11日まで、われわれは間違っていた。地震があったら家族が心配だ、すぐに帰宅しようと考えていた。しかし、道路に徒歩帰宅者があふれれば、緊急車両通行の妨げとなる。余震がつづくなか、外を歩き回るのも危険だ。

 基本的には私も賛成だ。3・11当日は会社にいて、その日は会社に泊まった。その時のことは前にも書いたことがある。でも、この判断は、首都圏が壊滅的な被害を受けていなかったから言えることである。たとえば、どこかで火事が発生したらどうするんだろうか?何がなんでも逃げるべきなのではないか?そもそも交通機関が復旧しなければ、いつまで待機するんだろう?私の子供は、もうどちらも大学生なのでそんなに心配はない。私のような中年で役に立つなら、家族の安全さえ確認できれば、会社にとどまって何か役に立つことをやってもいい。でもどうやって役に立つんだろう?けっこう疑問だらけである。
 あらためて、4年以内に70%と言われると真剣に考えないといけない。

« ビデオの録画予約にはイベントリレーという機能があることを初めて知った:でもこの名称じゃわかんないよ | トップページ | 本当の技術は聞くだけではわからない:耳年増では本当には使えない »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53807941

この記事へのトラックバック一覧です: M7級首都直下地震、4年内70%:どうすればいいんだろう?:

« ビデオの録画予約にはイベントリレーという機能があることを初めて知った:でもこの名称じゃわかんないよ | トップページ | 本当の技術は聞くだけではわからない:耳年増では本当には使えない »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ