« 先端技術開発こそが技術開発の本流だろう | トップページ | ストリートダンサー向けオーディオ機器なんていう製品があるんだ:日経エレクトロニクス1/23号より »

2012年2月 6日 (月)

企業の栄枯盛衰:コナミが3月1日付で子会社のハドソンを吸収合併

 コナミが3月1日付で子会社のハドソンを吸収合併されるらしい。広報によれば、今後もハドソンブランドは継続するらしいが、ハドソンという会社はなくなってしまうわけだ。
 一般にハドソンと言えば、「桃太郎電鉄」だろうが、私のような中年にはマイコン時代のハドソンがなつかしい。シャープのMZシリーズ用のHu-BASICなんかを作れる技術力のあった会社だ。NHKの新・電子立国という会社で、会社の中に人の乗れる機関車模型を走らせて遊んでいる社長の姿が、強烈な記憶として残っている。番組の他のエピソードで覚えているのはパチンコのソフトウエア開発くらいである。ハドソンという社名が蒸気機関車のハドソン形という車軸配置から取ったものだそうだ。鉄道ファンではない私は、そんな由来だとは、当時は全く知らなかった。
 私の中では、マイコン時代の熱気を構成した一企業である。でも、その頃の会社で、マイクロソフトは別として、今でもPC関連の業態を続けている会社はそんなに多くないのではないか。ハドソンのHu-BASICが走ったMZシリーズを作っていたシャープは、もうPCを製造していない。T-Zoneだってなくなったし。
 企業の存続というのは難しいものだ。そして、特にマイコンからPC、PCからスマートフォンへと、同じような技術でありながら、実は客層が異なる業種で、企業が生き残るのは難しいのだと思う。

« 先端技術開発こそが技術開発の本流だろう | トップページ | ストリートダンサー向けオーディオ機器なんていう製品があるんだ:日経エレクトロニクス1/23号より »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53920115

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の栄枯盛衰:コナミが3月1日付で子会社のハドソンを吸収合併:

« 先端技術開発こそが技術開発の本流だろう | トップページ | ストリートダンサー向けオーディオ機器なんていう製品があるんだ:日経エレクトロニクス1/23号より »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ