« 会社のトイレが寒い原因の一つがセキュリティかも | トップページ | 意外に良かった日本沈没第二部:小松左京が書いてないので読まず嫌いだったが »

2012年2月 9日 (木)

IT系から発信されている情報だけではスマートグリッドはわからない

 3・11の前までは、スマートシティというコンセプトが脚光をあびていた。環境に優しい省エネ都市というのが、一時のはやりであった。3・11で少し基調がかわってきている。前にも書いたが、自然災害に対する備えがスマートシティには重要になると思う。まず、安心・安全だ。
 一方、エネルギー問題も大きな課題になっていて、そこで脚光をあびているのがスマートグリッドである。ただ、IT系の技術の世界にいると、どうしてもIT系の情報が入ってくるので、スマートグリッドで本当に重要な電力の問題が今ひとつわかりにくい。スマートグリッドは、新書版で、電力系についてもわかりやすく解説された本だ。
 3・11前に出版された本だが、3・11後の追記されたところが、スマートグリッドに対する誤解と、正しい理解を端的に示している。少し引用する。

 震災以降、さらに注目されているスマートグリッドですが、この技術は今回のような電力不足を直接的に解決するものでなく、需給の不均衡による供給信頼度の低下を防ぐために役立つ最適制御技術です。長期的視野で安定的かつ低コストに電気を送るという本来の使命を忘れずに議論がされることを期待しています。

 最適化技術というところは重要だ。需要を減らすわけでも、供給を増やすわけでもない。需要を減らす技術開発、供給を増やす技術開発、そして実際の需給のアンバランスによる問題を解決する最適化技術、この3つの技術の方向が必要なのだということがよくわかる。

« 会社のトイレが寒い原因の一つがセキュリティかも | トップページ | 意外に良かった日本沈没第二部:小松左京が書いてないので読まず嫌いだったが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53942444

この記事へのトラックバック一覧です: IT系から発信されている情報だけではスマートグリッドはわからない:

« 会社のトイレが寒い原因の一つがセキュリティかも | トップページ | 意外に良かった日本沈没第二部:小松左京が書いてないので読まず嫌いだったが »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ