« IT系から発信されている情報だけではスマートグリッドはわからない | トップページ | 企業の約4割 まだIE6以前のブラウザ利用:当社もその4割です »

2012年2月10日 (金)

意外に良かった日本沈没第二部:小松左京が書いてないので読まず嫌いだったが

 久しぶりに小松左京の小説虚無回廊を読んで、小松左京のすごさに圧倒されたという話を以前書いた。他にも小松左京の本を読みたくなってきた。
 そして、小松左京と言えば、日本沈没である。私が中学生の時にベストセラーになり、私も読んだ。その巻末に、第一部完とあったので、それ以来、第二部をずっと心待ちにしていた。長い間、第二部は書かれず、とうとう日本沈没 第二部が登場したときには、なぜか著者は小松左京でなくなっていた。もちろん、小松左京が中身にからんでいることは確かだが、小松左京が書いていないということで、発売直後には手に取る気になれなかった。
 今回、とうとう読んでみた。小松左京の筆ではないが、でも、中身は間違いなく日本沈没の第二部だ。日本沈没時に既に大人として避難活動で活躍した人物、その時子供だった人々、日本沈没後に生まれた世代という3世代が存在する中での日本のアイデンティティーを描いている。どこか、3・11後の日本をも描いているような気もするくらいリアルである。読書を堪能できた。

« IT系から発信されている情報だけではスマートグリッドはわからない | トップページ | 企業の約4割 まだIE6以前のブラウザ利用:当社もその4割です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/53905424

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に良かった日本沈没第二部:小松左京が書いてないので読まず嫌いだったが:

« IT系から発信されている情報だけではスマートグリッドはわからない | トップページ | 企業の約4割 まだIE6以前のブラウザ利用:当社もその4割です »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ