« 電子書籍と紙の書籍 | トップページ | 文章日本語の成立:司馬遼太郎の講演より »

2012年3月 9日 (金)

新しいiPadが出たらしいけど当分はiPad2で十分そうだ

 前回、電子書籍のことについて少し書いた。電子書籍といえば、その一翼を担っているのがiPadであろう。iPad3ならぬ新しいiPadが発表された。私はiPad2を持っているが、前にも書いたようにiPadで本を読むことはない。SONY 電子書籍 Reader PRS-350-Sで読みか、紙の書籍で読むかのどちらかだ。iPadでの読書は何か中途半端だと思っている。でも、電子書籍以外ではiPadを愛用している。これも前に書いたが、布団の中で調べ物をしたりするには素晴らしいツールである。電源がすぐにONになって、ブラウザが高速である、というだけで、こんなにネットの使い勝手が違うとは思わなかった。そういう意味では本当に素晴らしい機器である。
 ただ、今のiPad2で十分で、新しいiPad3へ乗り換える必要は一切感じられなかった。ある意味、それだけ完成度の高い製品だったとも言える。

« 電子書籍と紙の書籍 | トップページ | 文章日本語の成立:司馬遼太郎の講演より »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54172563

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいiPadが出たらしいけど当分はiPad2で十分そうだ:

« 電子書籍と紙の書籍 | トップページ | 文章日本語の成立:司馬遼太郎の講演より »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ