« 膀胱は心の鏡:緊張するとトイレに行きたくなる理由は科学的根拠があるらしい | トップページ | 嵐は正面突破するしかない:仕事学のすすめより »

2012年3月 1日 (木)

開発の現場から:製品開発だから妥協していいのか?

 私は企業のR&D部門に属しているが、仕事自体は、技術開発と製品開発の両方である。技術開発寄りの仕事が好きなのだが、実際には製品開発寄りの仕事をアサインされることが多い。
 技術開発と製品開発の両方をやってきて、一つ思うことがある。技術開発を経験した技術者が製品開発を担当すると変に妥協する傾向があるのである。技術開発を担当してきた技術者の方が技術に思い入れがあるような気がするがそうではないのだ。
 具体的には、たとえばソフトウエア設計のとき、もう少し頑張れば、後で再利用できる設計にできるのに、納期プレッシャに負けて、その場限りの設計をしてしまうのである。いつも言い訳は同じである。「製品開発だから理想論を言っていても仕方ない。納期を守ることが重要だ。」
 でも、私の知っている製品開発リーダーは、そんなことは言わない。製品化後に問題が起きないかという品質面と、あとで機能アップするときにそれに耐えられる設計になっているかも、納期と同じくらい重要なのだ。最初から納期があるから仕方ない、とは言わない。
 私も、納期に妥協することはしたくないと思っている。でも、製品開発の経験のない技術者ほど、あっさりと妥協する。製品開発というのは矛盾のかたまりだ。常にトレードオフを考えながら推進するので、A or Bという発想にはならない。A and Bは無理なら、A’ and B’という選択肢がないかなどを追求する。その間、自分の中で矛盾を抱え込まなければならない。
 この経験がないと、すぐに、A or Bの二者択一でしかものごとを考えられないのではないだろうか?そんな気がしている。

« 膀胱は心の鏡:緊張するとトイレに行きたくなる理由は科学的根拠があるらしい | トップページ | 嵐は正面突破するしかない:仕事学のすすめより »

組み込み技術」カテゴリの記事

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54116228

この記事へのトラックバック一覧です: 開発の現場から:製品開発だから妥協していいのか?:

« 膀胱は心の鏡:緊張するとトイレに行きたくなる理由は科学的根拠があるらしい | トップページ | 嵐は正面突破するしかない:仕事学のすすめより »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ