« 開発の現場から:定時退社日の効果-残業が残業を生む悪循環を外から断ち切る手段 | トップページ | 年度末は飲み会が増える:体重管理が大変 »

2012年3月29日 (木)

伊丹空港に携帯電話充電器が設置されていた

 東京-大阪間の移動で飛行機を愛用していることは何度も書いてきた。伊丹空港は羽田空港に比べてかなり狭い。なので、出発でも到着でもいつも同じ所を通ることになる。
 ANAの10番搭乗口付近には、昔は本屋の雑誌コーナーがあったのだが、閉鎖されて、改装された。改装されてきれいになったかというとそんなことはない。なにか、殺風景な空間になってしまった。その場所に、携帯電話充電器とパソコン用コンセントテーブルが用意されたのである。どちらも無料なので、サービスと言えばサービスだが、かなり殺風景である。
 私自身は、あまりPCを持ち歩かないし、携帯電話も自宅で充電すれば1日保つので外で充電をする機会はない。前のように、雑誌コーナーの方が、飛行機出発前の時間つぶしには良かった。私にとっては、改装はあまり好ましいものではなかった。

« 開発の現場から:定時退社日の効果-残業が残業を生む悪循環を外から断ち切る手段 | トップページ | 年度末は飲み会が増える:体重管理が大変 »

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54339970

この記事へのトラックバック一覧です: 伊丹空港に携帯電話充電器が設置されていた:

« 開発の現場から:定時退社日の効果-残業が残業を生む悪循環を外から断ち切る手段 | トップページ | 年度末は飲み会が増える:体重管理が大変 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ