« Interface4月号はNFCの特集:ソフトだけでなくハードの解説もあるので参考になる | トップページ | SONYの認証型コンセントって本当にSONYらしいコンセプトなのだろうか? »

2012年3月14日 (水)

子供のけんかのようなSD無線LANの対立:日経エレクトロニクス3/5号より

 SDカードのスロットを使った無線LANアダプタの標準化で対立が起きているという日経エレクトロニクス3/5号の記事を読んであきれかえった。
 SDカードの業界団体SDAで標準化を議論している標準化案に、Eye-Fi社という既にSDカードでの無線LANアダプタを商品化している会社がクレームをつけたという話である。ある標準化に先行企業が対立するというのは、ありがちなパターンだ。でも今回の話は、もっと低次元だ。
 Eye-Fi社はSDAの会員である。SDAで無線LANアダプタの標準化を検討するWGへ参加の依頼がなかった、ということで文句を言っているらしい。SDA側は、WGの設立は会員に知らせているので、WGへ参加したいと言えば参加できたのに、参加せずにWGのことに文句を言うのはおかしいということを言っているらしい。
 なんだか、子供のけんかである。Eye-Fi社はSDAの会員である以上、WGに参加するか、WG活動が自社の利益にならないと思うのならWGに参加して標準化をつぶすか、SDAを脱会するか、いろんな手段はあるはずである、参加要請がなかったので参加しないというのは、なんだかねえ、である。
 一方、WGもWGだ。既に商品化している会社があるなら、そこへ声をかけるのは仁義というものであろう。そうでなければ、いかにも、先行の会社の邪魔をしたいという魂胆がみえみえである。本音はそうでも、フェアにやってます、というために一旦声をかけるのが、大人の対応というものである。本当に低次元の話だ。
 まあ、いろんな機器に無線LANが標準で搭載されるようになれば、こうした技術そのものが実は不要になるのかもしれない。

« Interface4月号はNFCの特集:ソフトだけでなくハードの解説もあるので参考になる | トップページ | SONYの認証型コンセントって本当にSONYらしいコンセプトなのだろうか? »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54222059

この記事へのトラックバック一覧です: 子供のけんかのようなSD無線LANの対立:日経エレクトロニクス3/5号より:

« Interface4月号はNFCの特集:ソフトだけでなくハードの解説もあるので参考になる | トップページ | SONYの認証型コンセントって本当にSONYらしいコンセプトなのだろうか? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ